ここから本文です

菅田将暉率いる“グリーンボーイズ”CDデビュー決定でビジュアル公開。デビュー前にさいたまスーパーアリーナでのステージも

E-TALENTBANK 10/12(水) 17:33配信

2017年1月28日(土)全国公開となる、GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く輝石の物語、映画「キセキ -あの日のソビト-」の劇中でGReeeeNを演じるリーダー・ヒデ役の菅田将暉、ナビ役の横浜流星、クニ役の成田凌、ソウ役の杉野遥亮が、「グリーンボーイズ」という名前で、GReeeeNの10年前のデビュー日と同日である、2017年1月24日(火)にCDデビューすることが決まった。

映画で描かれているのは、松坂桃李演じるジンと菅田将暉演じるヒデ、二人の兄弟を中心にその家族と仲間との間で起こる様々な迷いと衝突の中で、自分の進むべき道を切り開いていく姿を描き出した青春ストーリー。

映画のタイトルでもあり、ストーリーの中心にある名曲「キセキ」は、歯科医師とアーティストを両立する顔出し一切無しの異色ボーカル・グループ“GReeeeN”の代表曲で、そのまっすぐな歌詞と心地よいメロディーで2008年5月28日に発売され、2009年7月に着うた・着うたフル総計で590万超としてギネス記録認定、第81回選抜高等学校野球大会の開会式入場行進曲にも採用、08年09年二年連続でオリコン年間カラオケランキング1位を記録。その後も卒業シーズンなどには度々チャートに姿を現し、2016年5月31日時点では、着うた・着うたフル・ PC総計で760万件を記録している大ヒット曲である。

映画劇中ではデビュー前に作られた「声」、GReeeeNのデビュー曲となった「道」、そして「キセキ」がグリーンボーイズによって歌唱されており、グリーンボーイズのプロデュースもGReeeeNと同様JINが手掛け「GReeeeNメンバーそっくりな瞬間を多々感じられる」と唸るほどで、撮影開始約2か月前から、それぞれの仕事の合間をぬってボイトレなど練習をかさね、豪華キャストが感動のストーリーと共にGReeeeNの名曲に新たな息吹を吹き込んだ”グリーンボーイズの歌”となった。 いずれの曲もデビューシングルに収録予定。

そこで、グリーンボーイズのCDデビューに先駆け11月9日(水)に、グリーンボーイズが歌う「キセキ」を先行配信することが決まった。

さらに、2017年1月7日(土) さいたまスーパーアリーナで行われる、GReeeeN10周年記念LIVE「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル~デル~デ♪』」にグリーンボーイズがライブゲスト出演することも決まった。現在GReeeeNファンクラブでGReeeeN10周年記念LIVEの先行チケット予約が始まっている。
 
 
【出演者コメント】
菅田将暉
撮影時や打ち上げの時の一体感、グルーヴ感が本当に楽しくて、このままで終わりたくないと思っていました。
色々な方の力を借りて、このような形で皆さんに届けることができるようになりました。
素直に嬉しいです。
技術は持っていないし、決してうまくはないけれど、純粋に音楽を楽しみ、音楽を伝えていきたい、そんな思いのつまった僕らなりの音楽です。
今回、カバーさせて頂いたGReeeeNさんの曲は盛り上がれるしグッとくるし、良い曲です。グリーンボーイズとして大切に歌います。
横浜流星
ただただ、驚いています。
大好きなGReeeeNさんのメンバーの一員を演じさせて頂き、歌を歌わせて頂きその歌がリリースされるということは、
この上なく幸せな気持ちです。新生グリーンボーイズとしてGReeeeN同様、沢山の方の心に響く歌を歌いたいです。
成田凌
お話を聞いたとき、驚きや照れや喜びや、たくさんの感情が組み合わさり、実感もなく、ただ、「そうなんだ。」と思ったのを覚えています。よく考えてみたら本当に凄いことで、未だ実感が湧かず戸惑っています。ただ、声がコンプレックスで歌が苦手だと悩み続けていた先日までの僕に報告してあげたいです。
杉野遥亮
初めて聞いた時は本当にビックリしました!でも、時間が経つにつれて実感も湧いてきましたし、やる気にも満ちています。
みんなで一緒に、撮影中に培ったものを音楽という形で表現できる幸せに感謝しています。

最終更新:10/12(水) 17:33

E-TALENTBANK