ここから本文です

Hi-STANDARD、16年半ぶり新作で初のオリコン首位 異例事前告知ナシで話題

MusicVoice 10/12(水) 10:47配信

 ロックバンド・Hi-STANDARDにとって16年半ぶりの新作で、異例の事前告知なしでの発売が話題となった、3rdシングル「ANOTHER STARTING LINE」(10月5日発売)が、発売初週に13万6000枚を売り上げ、10月17日付オリコン週間シングルランキング(集計期間=10月3日~9日)で初登場1位を獲得した。

 Hi-STANDARDの作品による「オリコン1位獲得」は、シングル、アルバムの両ランキングを通じて初となる。

 シングルランキングにおける過去最高位は、1stシングル「THE KIDS ARE ALRIGHT」(1996年9月発売、累積1万7000枚)が記録した54位、同じくアルバムランキングでは『MAKING THE ROAD』(1999年6月発売、累積65万3000枚)と『Love Is A Battlefield』(2000年4月発売、累積46万2000枚)が記録した3位が最高だった。

 なお、Hi-STANDARDが2ndシングルとして発売した『Love Is A Battlefield』は、発売当時の当ランキング規定によりアルバム扱いとして集計されている。

 今作は「これだけ便利になった世の中でどこまで面白みとして発揮できるのかなというのが狙い」(横山健=G&Vo)、「今回の作品は手に取ってもらいたいという思いが強い」(難波章浩=Vo&B)というメンバーの意向により、主要CDショップ店頭のみで販売(10月26日より通販解禁、DL販売開始)かつ事前告知なしというリリース手法がとられた。

 Hi-STANDARDは世間に強烈なインパクトを与えた勢いそのままに、12月7日にはカバー曲で構成される4曲入りシングル「Vintage & New, Gift Shits」をリリース。また、東北と新潟を回るショートツアー『GOOD JOB! RYAN TOUR 2016』を12月3日よりスタートさせる。

最終更新:10/12(水) 10:47

MusicVoice