ここから本文です

三菱自、J1浦和の株式を一部売却 浦和サポ「応援は変わらない」

埼玉新聞 10/12(水) 10:30配信

 三菱自動車が、サッカーJ1浦和レッズの運営子会社の株式を一部売却する方針を固めたことについて、浦和サポーターや埼玉県のさいたま市民からは「三菱の名前を残してほしい」「株主が変わってもレッズを応援する」との声が聞かれた。

 浦和選手も訪れるというさいたま市浦和区のストレッチ専門店「ドクターストレッチ」のトレーナー先崎正博さん(25)は「株を売却することでファンや観客が減ったり、個人株主離れがなければいいが」と不安げ。

 売却先は三菱重工業を含めて検討されているという。緑区の50代無職女性は「三菱自動車のイメージが強いから、同じグループだとしても寂しい」。緑区の50代パート女性は「レッズと言えば三菱。でも株主が変わってもレッズを応援することには変わらない。選手が安心して練習できる環境を用意してくれればどこでもいい」と話す。

 浦和区の無職男性(63)は「三菱グループとは全く別の企業に売ってほしい。選手をちゃんとサポートしてくれる国際的な企業がいい」と提案する。

 浦和サポーターが集まる浦和区のレストラン「ティナラウンジ」の店長関根俊史さん(41)は「地元企業に売却されたら、地元密着に一歩近づく。浦和の街がさらに盛り上がると思う」。同区の40代無職女性は「自治体に売却してもいいと思う。母体はこだわらないけど、三菱のマークやチームカラーは変えてほしくない」と話していた。

最終更新:10/12(水) 10:30

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]