ここから本文です

米鉄スクラップ、2カ月連続で下落 18・33ドル安 内需減退など影響

日刊産業新聞 10/12(水) 11:32配信

 米国鉄スクラップ相場が2カ月連続で下落した。商社・流通などによると、海外市況の指標となる米国コンポジット(ピッツバーグ・シカゴ・フィラデルフィアの東部3地区平均)は10月2週時点で前週比18・33ドル安の175・17米ドル(HMS・No.1、約1万8400円)。トルコやアジア向けの鉄スクラップ輸出価格下落、メーカー炉休等による内需減退などが影響したみられる。

最終更新:10/12(水) 11:32

日刊産業新聞