ここから本文です

神商非鉄、アルミ板・棒販売20%増 4―9月期

日刊産業新聞 10/12(水) 11:33配信

 神商非鉄(本社=大阪市中央区、山本剛士社長)は、今年4―9月期におけるアルミ厚板と薄板、丸棒の販売量が、前年同期の水準を20%超上回る見通しとなった。厚板と丸棒は、半導体・液晶製造装置分野の好調さを反映し受注が拡大したほか、薄板も建築関連で販売量が伸びた。上期の総販売量は前年同期比10%増の1万7200トンを達成する見込みとなり、下期も同10%増の1万9200トンを計画する。

最終更新:10/12(水) 11:33

日刊産業新聞