ここから本文です

【ブラジル】8月の売上17%減=機械装置

サンパウロ新聞 10/12(水) 1:32配信

 ブラジル機械装置工業会(Abimaq)が発表したデータによると、同業界の2016年8月の純売上高は15年8月比17.4%減、前月比1.8%増の57億レアル(約1710億円)だった。同会は、8月の結果は業績後退シナリオを強固にするものであり、昨年に続いて今年もまた、売上高が前年割れする年になるとしている。伯メディアが9月28日付で伝えた。

 今年1~8月累計の売上高は前年同期比27.3%減の450億レアル。また、この8カ月間の業界全体の設備稼働率は66.5%と、前年同時期を2.1ポイント下回った。

 機械装置工業の今年8月の輸出額は昨年8月に対して24.7%増の6億9610万ドル、輸入額は同24.6%減の12億ドルだった。業界の貿易収支は5億200万ドルの赤字だが、これは15年8月の赤字額に比べて51.3%小さい。

サンパウロ新聞

最終更新:10/12(水) 1:32

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。