ここから本文です

【ブラジル】ソロカバで照明機器生産へ 小糸製作所

サンパウロ新聞 10/12(水) 1:33配信

 自動車用照明機器や航空機部品を製造・販売する小糸製作所(三原弘志社長、本社=東京都)は9月28日、同日開催の取締役会においてブラジルに生産子会社を設立することを決めたと発表した。

 同子会社「NAL do Brasil Industria e Comercio de Componentes de Iluminacao Ltda.」(NALブラジル照明機器製造販売有限会社)はサンパウロ州ソロカバ市に2016年11月に設立される予定。資本金は5600万レアル(約18億円)。80億円を投じて建設される工場で自動車用の前照灯と標識灯を生産する。年産能力はそれぞれ25万台で、18年5月の生産開始を予定している。

 小糸製作所は、ブラジルに生産拠点を設立することで中長期的に成長が期待できる南米の自動車市場に対応するとともに、グローバル生産体制の拡充による新規受注の獲得、グループ収益力の強化に努めるとしている。

サンパウロ新聞

最終更新:10/12(水) 1:33

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

318歳のホログラムが語るSF世界での愛の未来像
SF作家のモニカ・バーンは、人種、社会そしてジェンダーの型にはまらない登場人物たちが織り成す、豊かな世界を想像しています。このパフォーマンスにおいて、バーンはピラーという登場人物としてホログラムで登場し、人間が宇宙に移住した近未来から、愛と喪失の物語を過去の私たちに向けて発信します。「想像する未来と実際の姿の対比はいつだって面白いのです」とバーンは言います。