ここから本文です

組み合わせが決定、競技は13日(木)から [テニス大学王座]

THE TENNIS DAILY 10/12(水) 23:01配信

 大学テニスの日本一を決める団体戦「平成28年度 全日本大学対抗テニス王座決定試合(男子70回/女子52回)」(東京・有明テニスの森公園テニスコート/10月12~17日)のドロー抽選が行われ、組み合わせが決まった。

男子は1位の早稲田大と2位の明治大がともに大学王座へ [H28関東大学テニスリーグ]

 競技は13日(木)から始まり、初日は男女1回戦(各2試合)と男女2回戦(各1試合)が行われる予定となっている。

 「大学王座」は地域リーグを勝ち抜いた男女各10校が有明に集い、男子は複3、単6の計9ポイント、女子は複2、単3の計5ポイントで団体戦を戦う。トーナメント制。

     ◇   ◇   ◇

※大学名の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

【男子1回戦】

2東北大学(東北地区)vs 3松山大学(中国四国地区)

8中京大学(東海地区)vs 9北海道大学(北海道地区)

------------

【男子2回戦】

1早稲田大学(関東地区第1)[1] vs 東北大学と松山大学の勝者

4鹿屋体育大学(九州地区)vs 5関西大学(関西地区第1)[3]

6近畿大学(関西地区第2)[4] vs 7信州大学(北信越地区)

中京大学と北海道大学の勝者 vs 10明治大学(関東地区第2)[2]

--------------------

【女子1回戦】

2北海道大学(北海道地区)vs 3富士大学(東北地区)

8岡山大学(中国四国地区)vs 9金沢大学(北信越地区)

------------

【女子2回戦】

1早稲田大学(関東地区第1)vs 北海道大学と富士大学の勝者

4福岡大学(九州地区)vs 5関西学院大学(関西地区第1)

6関西大学(関西地区第2)vs 7中京大学(東海地区)

岡山大学と金沢大学の勝者 vs 10筑波大学(関東地区第2)

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:10/13(木) 21:42

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。