ここから本文です

今季限りでの退任が決まった風間監督「個性的なチームになることができた」

theWORLD(ザ・ワールド) 10/12(水) 23:10配信

「まだ戦いは続いていきます」

今季限りで川崎フロンターレを退任することを決まった風間監督がサポーターにメッセージを伝えている。

2012年から川崎で指揮を執る風間監督は今季、1stステージから優勝争いを演じ、31節を終えて年間順位で2位。既に年間3位以上を確定させ、チャンピオンシップ進出を決めている。

しかし、来季の契約を更新しないことが決まった風間監督は退任に際し、クラブ公式サイトを通じて「川崎フロンターレに監督として就任し、選手達が成長し、個性的なチームになることができたと思っています」とコメント。「それにはすべての条件が揃わなければいけない。簡単なことではないですが、ファン・サポーターをはじめ、すべてのフロンターレに関わる皆様に支えていただきましたこと感謝しております」と伝えている。

また、最後には「まだ戦いは続いていきます。今まで通り、目の前の1戦1戦に全力を注ぎ、選手達、スタッフ、そしてすべてのフロンターレに関わる皆様と共に残りの試合に全力を尽くしていきたいと思います」と語った風間監督。年間勝ち点1位、そして2ndステージ優勝の可能性も残している川崎は今後、22日にサンフレッチェ広島、29日に鹿島アントラーズ、11月3日にガンバ大阪と対戦する。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:10/12(水) 23:10

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合