ここから本文です

格付け特番で和田アキ子らが謝罪会見に挑戦

Lmaga.jp 10/12(水) 6:00配信

2005年より正月恒例の特番として放送し、芸能人の「真の姿」をあぶりだしてきた、浜田雅功司会の人気番組『芸能人格付けチェック』(朝日放送)。その特別編となる『一流芸能人に常識はあるのか!? スペシャル~』が10月18日に放送される。

今回は、和田アキ子、梅沢富美男、三遊亭好楽、ヒロミ、後藤輝基(フットボールアワー)ら10人が全員で1つのチームを組み、「風呂敷の包み方」「茶会の作法」など、品格と常識力が問われる全7項目のチェックに挑戦。1つ目の項目「常識のあるドレミファソラシド」は、リコーダー(縦笛)で、ドレミファソラシドの音階を1人1音ずつ吹ければクリアという簡単なものだが、「なにこれ! 初めて見たよ!」と驚く梅沢に、和田も「ウチらのときはなかった!竹笛やったよ!」と、吹き方さえ知らない様子・・・と、序盤から波乱の展開に。

最後の項目では、謝罪会見に失敗してしまうと芸能界追放なんてことも起こり得るということで、『謝罪会見』での言動を細かくチェック。「和田アキ子 奇行! 泥酔してコンビニに乱入 冷凍庫で5時間爆睡 目撃者がツイートし大炎上!」「ヒロミ 建ぺい率違反! DIYで自宅拡張も『日光がまったく当たらない!』 近隣住民大クレーム 増築した伊代の部屋に取り壊し命令」など、番組で設定した『不祥事』は、ありえないながらも後藤に言わせれば「どれもないとはいい切れませんね(笑)」という絶妙な謝罪ネタばかり。それぞれに精一杯の誠意を見せる会見を繰り広げるなかには、司会の浜田に「謝罪になってないやん! これはエライことになるで!」と思わず心配されるような対応も。この模様は10月18日・19:00から放送される。

最終更新:10/13(木) 12:59

Lmaga.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]