ここから本文です

兵庫・西宮のフィナンシェ、2年連続ギネス認定

Lmaga.jp 10/12(水) 18:00配信

洋菓子ブランド「アンリ・シャルパンティエ」を代表する焼き菓子「フィナンシェ」が、2年連続で年間販売個数世界一を達成。12日には同ブランドの運営会社「シュゼット」(兵庫県西宮市)で、ギネス世界記録公式認定証授与式が開催された。

世界一の売り上げを記録したフィナンシェ

1975年の誕生以来、家庭用・贈答用としても圧倒的な人気を誇るフランスの焼き菓子フィナンシェの販売個数は年間24,775,658個(2013年10月1日~2014年9月30日)。代表取締役社長・蟻田剛毅さん曰く「世界一努力して作ったフィナンシェ」とあって、厳選したアーモンドを自社挽きし、北海道産オリジナル発酵バターを贅沢に使用するなど、素材や製法にこだわり、今なお最高のおいしさを追求し続けているそう。「喫茶店から始まった会社が世界一になれるのは夢のある話。お菓子の楽しみを、今後は世界に発信していきたい」と今後の展望を語った。

ギネス世界記録2年連続達成を記念した木箱入りの「プレミアムフィナンシェ」も13日から限定発売。芦屋本店と浜大津店のカフェ併設店舗では、同じ素材を用いたアイスを添えたメニューも提供される。

取材・文・写真/西村円香

最終更新:10/13(木) 13:20

Lmaga.jp