ここから本文です

【米ビルボード・ソング・チャート】ザ・チェインスモーカーズが遂に8週目のNo.1、次週は3曲TOP10入りなるか

Billboard Japan 10/12(水) 12:30配信

 ザ・チェインスモーカーズの「クローサー」が、通算8週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 一向にポイントが落ちないザ・チェインスモーカーズの「クローサー」。次週、9週目のNo.1をマークすれば、2016年度では、リアーナの「ワーク」に並ぶ、首位獲得週数2位に並ぶ(1位はドレイクの「ワン・ダンス」10週)。

 そのザ・チェインスモーカーズは、9月29日に発売した新曲「オール・ウィ・ノウ」が、今週18位に初登場し、9位にランクインしている「ドント・レット・ミー・ダウン」と合わせて、TOP20位内に計3曲をランクインさせる快挙を成し遂げている。新曲「オール・ウィ・ノウ」は、ニュージャージー州出身の注目の女性シンガー、フィービー・ライアンがボーカル・ゲストを担当する、ミッドテンポのエレクトリック・チューンで、同日公開されたオーディオ・ビデオは、早くも2600万視聴回数を突破している。

 先週の13位から10位にランクアップしたのは、グナッシュの「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー」。登場から25週という長い期間を経て、ジワジワと上昇し、遂に自身初のTOP10入りを果たした。ニュージーランド(9位)、UK(7位)、ベルギー(3位)など、主要国でTOP10入りを果たしていて、季節柄ヒットが期待できるメロウ・チューンであることも、エアプレイや動画の視聴回数を稼いでいる理由として挙げられる。

 今週のアルバム・チャートで、自身初のNo.1獲得を果たした、ビヨンセの妹、ソランジュの3rdアルバム『ア・シート・アット・ザ・テーブル』から、「クレーン・イン・ザ・スカイ」が74位、「ドント・タッチ・マイ・ヘアー」が91位に、それぞれデビューを果たした。意外だが、ソランジュがソング・チャートでランクインをしたのは、この2曲が初となる。

 先週3位に初登場し、今週2位に上昇した、ザ・ウィークエンドの新曲「スターボーイ」に続き、11月25日発売予定の新作『スターボーイ』からの2ndシングル「フォールス・アラーム」が63位に初登場した。10月1日に放送された深夜番組『サタデー・ナイト・ライブ』で初披露され、翌日にライブの動画がアップされると、1週で140万視聴回数を記録する反響を呼んだ。正式に発売されていないにもかかわらず、この順位でのデビューは快挙である。次週、「スターボーイ」が、ザ・チェインスモーカーズから首位の座を奪う可能性も高い。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、12日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
2位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
3位「ヒーゼンズ」トゥエンティ・ワン・パイロッツ
4位「コールド・ウォーター」メジャー・レイザーfeat.ジャスティン・ビーバー&ムー
5位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネーク feat.ジャスティン・ビーバー
6位「ブロッコリー」D.R.A.M.
7位「トリート・ユー・ベター」ショーン・メンデス
8位「チープ・スリルズ」シーア feat.ショーン・ポール
9位「ドント・レット・ミー・ダウン」ザ・チェインスモーカーズ feat.ダヤ
10位「アイ・ヘイト・ユー・アイ・ラブ・ユー」グナッシュ feat.オリビア・オブライエン

最終更新:10/12(水) 12:30

Billboard Japan

なぜ今? 首相主導の働き方改革