ここから本文です

【ビルボード】10月2日「情熱大陸」出演の反田恭平 2015年リリース『リスト』第1位に返り咲き

Billboard Japan 10/12(水) 15:00配信

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、2015年にリリースされた反田恭平のファーストアルバム『リスト』が9回目のチャートインに返り咲き、首位を獲得した。8月末から行われた3夜連続ピアノコンサート、9月9日の追加公演に続き、10月2日に放送された番組「情熱大陸」で取り上げられた影響が見られる結果となった。10月16日に「題名のない音楽会」出演も予定されており、連続してのチャートインが期待される。

 第2位にはV系ロックバンドDaizyStripperの風弥~Kazami~のソロ新譜『DaizyStripper Piano Selection I』がチャートイン。DaizyStripperの楽曲の8割を作曲しているという風弥が、インスト・アレンジしたアルバムだ。ピアノソロはもちろん、ヴァイオリン、チェロを加えたアレンジ、また1人でピアノ、ドラム、ベースを演奏したセルフトリオの曲などが収録されている。

 他、先週首位であったアリス=紗良・オットのニューアルバム『ワンダーランド』は第3位と若干順位を落としたものの、19位に『リスト:超絶技巧練習曲』が同時にチャートインとなり、チャートを賑わせた。9月27日から始まり10月9日まで続いた日本ツアーの影響と見ることが出来そうだ。text:yokano

◎【Top Classical Albums Sales】トップ10
1位『リスト』反田恭平
2位『DaizyStripper Piano Selection I』風弥~Kazami~
3位『0歳からの育脳クラシック』
4位『ワンダーランド』アリス=紗良・オット
5位『武満徹=ギター作品集成 1961~1995』鈴木大介
6位『モーツァルト:ピアノ協奏曲第17番&第25番』内田光子,クリーヴランド管弦楽団
7位『Masterpieces』須川展也
8位『帰れソレントへ~イタリアの歌』ヨナス・カウフマン
9位『永遠のショパン』仲道郁代
10位『THE BEST』辻井伸行

最終更新:10/12(水) 15:00

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]