ここから本文です

マイリー・サイラス、初めての交際相手は「女性だった」 インタビューで告白

クランクイン! 10/12(水) 14:10配信

 映画『ラスト・ソング』で共演した俳優リアム・ヘムズワースと婚約解消を経て復活愛を遂げた女優・歌手のマイリー・サイラス。リアムと破局後、一時期女性と交際していることが伝えられたが、最初の交際相手が女性だったことをVarietyとのインタビューで明かした。

【関連】「マイリー・サイラス」フォトギャラリー


 2014年にLGBTとホームレスの若者を支援する非営利団体「Happy Hippie」を創設したマイリー。LGBTコミュニティとの関わりについて、「私はずっと自分の性やセクシュアリティを理解していなかった」と説明。自分を型にはめることになるという理由で、両性愛者を意味する“バイセクシュアル”という言葉さえ好きではないと語るマイリーは、「5、6年生の頃に目覚め始めたの。私の人生初の恋愛は女性が相手だった」と明かしている。

 自分を“バイセクシュアル”ではなく“パン(全ての意)セクシュアル”だというマイリーは、敬虔な南部出身の家庭に育ち、両親が自分を理解してくれないこともあったが、いつか分かってもらえると確信していたという。

 幼少期は女の子らしくも男の子らしくもなかったというマイリー。ロサンゼルスのLGBTセンターを訪れ、自分を男性とも女性とも区別しなかった人に会い、人生で初めて共鳴できる人を見つけたそうだ。その人物に会い、「自分が異性愛者とも同性愛者とも感じなかったことに納得した。私はどちらでもなかったのよ」と、自分が性的に中立な人間であることを悟ったという。

最終更新:10/12(水) 14:10

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]