ここから本文です

ロバート・クビカ、2017年は「90パーセント以上の確率でサーキットに戻るだろう」

オートスポーツweb 10/12(水) 15:10配信

 BMWザウバーやルノー・ワークス、そしてロータスで活躍した元F1ドライバーのロバート・クビカが、来季2017年のモータースポーツ活動のプランについて「90%の確率でサーキットに戻り、レースをするだろう」と明かした。

 2011年のオフシーズンにイタリアのローカル・ラリー参戦中の事故でキャリア転換を余儀なくされたクビカだが、その後はWRC世界ラリー選手権の参戦に意欲を燃やし、2013年にはトップカテゴリーの下位に位置する『WRC2』のタイトルを獲得した。

 その後はシトロエンのワークスカーなどをドライブしたほか、2015年は自らの名を冠した『RKワールドラリーチーム』でWRC最上位クラスに挑戦。フォード・フィエスタRS WRCで速さを見せる場面もあったが、思うような結果を出ず、今季は開幕戦のモンテカルロ・ラリーにエントリーしたのみとなっていた。

 先日開催されたコルシカ島でのWRCフランス戦、ツール・ド・コルスのサービスパークに姿を見せたクビカは、ラリーへの野心はまだ抱いているものの、もっとも可能性の高いオプションは「自らのルーツであるサーキット・カテゴリーへの回帰である」と語った。

「僕がサーキットレーシングに関するオファーを多く受けるのは、いたって普通で自然なことだと思う」と、クビカ。

「それは僕が育ってきたフィールドでもあるし、僕自身もラリーストとしてより、レーサーとしての資質の方が高いと思っているよ。だから来季は、ほぼ90パーセント以上の確率でサーキットに戻ることになると思う」


 すでにクビカの元にはいくつかのオファーが届いているということだが、クビカ自身が「何をどうしたいかを、よく考えて」決断したいと語る。

「もちろん、レベルの高いプロフェッショナルな領域でサーキットにカムバックすることを楽しみにしている。けれど同時に、僕自身の物理的な限界についても冷静に考える必要がある」

 2011年にシュコダ・ファビアS2000を貫いたガードレールにより、右手首に致命傷を負ったクビカだが、懸命の治療とリハビリにより大きく機能を回復した。それでも、まだ可動域が完全に回復するには至っていない。

 今季は、元WRCのライバルとして競い合ったマーティン・プロコップの運営するチームで、メルセデスSLS GT3をドライブしてムジェロ12時間耐久に参戦し、事故以来初のサーキット・レースに復帰。先日には、ルノー・スポール・トロフィーのワンメイクカップにゲスト参戦し、表彰台も獲得している。

 クビカはコルシカ島で何人かのWRCチーム関係者と会ったが、同時にこの3年間のWRC活動を通じていくつかの「心残り」もある、と認めた。

「(ラリー参戦の)機会を失うと、いくつかの領域において残念な気持ちが残ったままになる。ここまでのラリーの経験の中で、僕はたぶん“何か間違ったこと”をしていたんだろう」

「ラリーを戦うなかで、僕は多分いくつかの判断をサーキット・ドライバーとしての考え方で下していた。だから僕は自分自身を、ラリーストとして十分に信頼できないままだった」

「もし自分にWRC(へのチャンス)がなくなった時は、サーキットに戻るだろう」


[オートスポーツweb ]

最終更新:10/12(水) 15:21

オートスポーツweb