ここから本文です

トニー・カナーンが契約を延長。インディ参戦20年目の節目をチップ・ガナッシで戦う

オートスポーツweb 10/12(水) 17:17配信

 インディカー・シリーズに参戦しているベテランドライバーのトニー・カナーンは、2017年シーズンもチップ・ガナッシ・レーシングと契約を延長。アメリカン・オープンホイールにデビューして20年目の節目のシーズンとなる来季はチップ・ガナッシで引き続き戦うこととなった。

 2013年のインディカーチャンピオンのカナーン。2016年シーズンは表彰台を2回獲得しシリーズ7位で終えた。2014年の最終戦フォンタナ以来、勝利から遠ざかっているカナーンは、2016年で契約が終了となっておりその去就が注目されていた。

 今季活躍したジョセフ・ニューガーデンを狙っていると報道されていたが、ニューガーデンはライバルチームのチーム・ペンスキーと契約。チップ・ガナッシは、再びカナーンとの契約を延長することを発表した。来季からホンダエンジンに再びスイッチするチップ・ガナッシは、ベテランドライバーの経験にステアリングを託すようだ。

 カナーンはNTTデータをメインスポンサーに、引き続きカーナンバー10をドライブする。

「NTTデータと一緒にチップに戻ることができて興奮しているよ。キャリアの中でももっともやりがいのあるパートナーシップのひとつなんだ」。

「僕たちの2016年シーズンは強かったが、リザルトは常にパフォーマンスを反映したものではなかった。2017年に向けていくつかの仕事を見出しているよ」とカナーン。

 チームを率いるチップ・ガナッシは、「10号車をドライブするためにトニーと再契約できてとても満足している。トニーは、チームリーダのひとりとして、トラックから強力な役割を果たしてくれていた。彼が戻ってくれて幸運だと思っている」と語っている。

 チップ・ガナッシは、2017年も同様にスコット・ディクソン、チャーリー・キンボール、マックス・チルトン、そしてカナーンの4台体制で挑む予定だ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/12(水) 17:18

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。