ここから本文です

amazarashi「虚無病」が世界を蔓延。書き下ろしストーリーの続編を公開

RO69(アールオーロック) 10/12(水) 19:03配信

amazarashiが、本日リリースしたミニアルバム『虚無病』の新たなストーリーを同作の特設ページで公開した。

特設ページはこちら。
http://www.amazarashi.com/kyomubyo/

作品名となっている「虚無病」とは、秋田ひろむが書き下ろす新たなストーリーの中で繰り広げられる架空の病名である。amazarashiの楽曲がモチーフになったキャラクターと共に同タイトルの物語が展開され、楽曲と2016年10月15日(土)に幕張メッセイベントホールにて行われる360°ライブともリンクするプロダクツとなる。そして、本日ミニアルバムリリースと合わせて秋田ひろむのコメンが公開された。

----------------------------------------------
<amazarashi秋田ひろむコメント>
 思うに虚無とは、煤のような物かもしれません。
 こびり付くのは一瞬。でも、こそぎ落とすには骨を折るものです。
 問題は、煤がこびり付いたからといって、この自我を買い替える事はできないという事です。

 悲しい事、苦しい事を経て、僕らはすっかり汚れてしまいました。この真っ黒な煤を“美しい”と言えるかどうかが、僕らの命を肯定する分水嶺かのように感じています。

 僕らの負の感情を、ネガティブを、薄汚れた“煤”を、清濁合わせて飲み干せるのか。真っ黒に汚れたあなたに問いかけたいのです。
 それでも人生は美しいと言えますか?
----------------------------------------------

リリースの詳細は以下の通り。

●リリース情報
『虚無病』
発売中
【初回生産限定盤】CD+DVD+DL AICL 3175~7 ¥2,000(tax out)
【通常盤】初回仕様 AICL.3178 ¥1,500(tax out)

RO69(アールオーロック)

最終更新:10/12(水) 19:03

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]