ここから本文です

羽田に初直営店、カジグループ 28日、自社企画の旅行用品

北國新聞社 10/12(水) 2:19配信

 繊維企業グループのカジグループ(金沢市)は28日、羽田空港の第2旅客ターミナルビルに、自社の旅行グッズブランド「TO&FRO(トゥー&フロー)」の直営店を初めて出店する。空の玄関口で旅行客に売り込み、販路拡大の足掛かりとする。

 出店場所は第2旅客ターミナルビル地下1階で、京浜急行や東京モノレールの乗降口からロビーへの通り道となっている。

 店舗は、中川政七商店(奈良市)の中川淳社長や「くまモン」のデザインを手掛けた水野学氏ら若手クリエーターが協力し、内装だけでなく、音響や香りにもこだわった。羽田店限定のバッグも販売する。

 これまで全国120店に納入してきたが、直営店はなかった。初年度の売り上げは約5千万円を見込む。梶政隆社長は「『トラベル』という視点ではどこよりも良い場所に出店できた。大いに期待できる」と語った。

 2014年に立ち上げた同ブランドは、アウトドア用品の生地生産で培った技術を生かした軽くて丈夫な素材を使い、旅行用仕分け袋やアイマスクなどを扱ってきた。グループ企業で糸加工や織物を担当し、染色は小松精練(能美市)、縫製も県内企業に依頼するなど「メードイン石川」の製品に仕上げた。

北國新聞社

最終更新:10/12(水) 2:19

北國新聞社