ここから本文です

北陸の倒産負債最少、帝国データバンク 上半期、01年度以降

北國新聞社 10/12(水) 2:19配信

 帝国データバンクがまとめた今年度上半期の北陸三県企業倒産集計(負債1千万円以上、法的整理)によると、件数は前年同期比11・4%増の88件、負債総額は85・6%減の118億5800万円となった。負債総額は2001年度上半期集計以降、半期ベースでは最少だった。

 業種別件数は、小売業が31件と全体の35・2%を占め、サービス業が18件、建設業が15件と続いた。販売不振を主因とする倒産が全体の94・3%で、県別では石川34件、富山29件、福井25件となった。

 9月の北陸ブロック(石川、富山、福井、新潟4県)の景気動向調査によると、景気DI(判断指数)は8月の39・6から40・2となり、3カ月連続で改善した。

北國新聞社

最終更新:10/12(水) 2:19

北國新聞社