ここから本文です

来場者数17万人突破 アートアクアリウム、21美貸しギャラリーで最多

北國新聞社 10/12(水) 2:24配信

 金沢21世紀美術館で開催中のアートアクアリウム誕生10周年記念祭「アートアクアリウム展~金沢・金魚の密~」(本社など実行委主催)の来場者数が10日、17万人を突破した。21美の貸しギャラリーの展覧会としては2005年に開かれた「人体の不思議展」(本社主催)の14万7088人を上回り、過去最多となった。

 同展は9月16日に始まった。今月8~10日の3連休は連日1万人を超える人が訪れ、11日までの来場者数は17万7891人となった。連休明けの11日もにぎわった。

 作品はアートアクアリウムアーティスト木村英智さんが手掛けた。多面体やぼんぼりをモチーフにした水槽に金魚を泳がせ、光と音楽で華やかに演出している。

 アートアクアリウム展を題材にした写真展(本社後援)は11日、金沢市のしいのき迎賓館で始まり、北國写真連盟の会員23人が金魚と光が織り成す水中美をとらえた46点を並べた=写真。アートアクアリウム展は14日まで、写真展は16日までとなる。

北國新聞社

最終更新:10/12(水) 2:24

北國新聞社