ここから本文です

ブラジルが4連勝で首位浮上! アルゼンチンは3戦勝ちなし/W杯南米予選

SOCCER KING 10/12(水) 13:04配信

 2018 FIFAワールドカップ ロシア 南米予選の第10節が11日に各地で行われた。

 第9節でベネズエラ代表に3-0と快勝し、首位をキープしたウルグアイ代表。敵地でコロンビア代表と対戦すると、73分にFWルイス・スアレス(バルセロナ)が2-1と勝ち越すゴールを決めたものの、終盤に追い付かれて2-2と引き分けた。勝ち点「20」のウルグアイ代表は2位に転落している。

 ウルグアイ代表を抜いて首位に立ったのはブラジル代表だ。FWネイマール(バルセロナ)を累積警告による出場停止で欠く中、敵地でベネズエラ代表と対戦。2-0と快勝し、勝ち点を「21」に伸ばした。チッチ監督就任後4連勝と好調を維持している。

 一方、足踏みが続いているのはアルゼンチン代表。前々節でベネズエラ代表と、前節ではペルー代表とそれぞれ2-2で引き分けたが、今節はパラグアイ代表に0-1と敗れた。ホームでまさかの完封負けを喫し、勝ち点は「16」のまま。順位こそ変わらなかったが、首位ブラジル代表との勝ち点差は「5」に開いている。

 11月10日に行われる次節は、ブラジル代表とアルゼンチン代表の対戦が予定されている。

 次節は11日に行われる予定となっている。

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第10節結果
アルゼンチン 0-1 パラグアイ
ベネズエラ 0-2 ブラジル
チリ 2-1 ペルー
コロンビア 2-2 ウルグアイ
ボリビア 2-2 エクアドル

■2018 ロシア・ワールドカップ南米予選 第10節 順位表(勝ち点/得失点差)
1位 ブラジル(21/+14)
2位 ウルグアイ(20/+14)
3位 エクアドル(17/+4)
4位 コロンビア(17/+3)
5位 アルゼンチン(16/+2)
6位 パラグアイ(15/-2)
7位 チリ(14/-1)
8位 ペルー(8/-8)
9位 ボリビア(8/-9)
10位 ベネズエラ(2/-17)

(上位4チームがワールドカップ出場権獲得、5位のチームはオセアニア首位チームとの大陸間プレーオフへ)

SOCCER KING

最終更新:10/12(水) 13:04

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。