ここから本文です

ブルガリア戦で負傷交代 マンCの仏代表DFサニャ、約3週間の離脱へ

SOCCER KING 10/12(水) 18:26配信

 マンチェスター・Cは11日、フランス代表DFバカリ・サニャがハムストリングを痛め、約3週間の離脱を強いられると発表した。

 サニャは7日、フランス代表の一員として2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選第2節のブルガリア代表戦に先発出場した。しかし、前半途中に負傷。27分に交代を強いられていた。交代後は左太ももに包帯を巻いていた。

 マンチェスター・Cはサニャについて「復帰は11月初旬の予定」と発表。同クラブは15日にプレミアリーグ第8節でエヴァートンと対戦し、19日にはチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節のバルセロナ戦を控えている。今月29日までの15日間で5試合を戦う日程だが、サニャを欠くこととなった。

 サニャは1983年生まれの33歳。オセールの下部組織出身で、2004年にトップチームへ昇格した。2007年夏にアーセナルへ移籍し、マンチェスター・Cでは2014-15シーズンからプレー。今シーズンはプレミアリーグ第7節終了時点で4試合に出場している。

SOCCER KING

最終更新:10/12(水) 18:26

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合