ここから本文です

快勝のサウジがB組首位浮上…豪州とドローの日本は3位に

ゲキサカ 10/12(水) 7:17配信

 W杯アジア最終予選の第4節が11日に行われた。日本代表と同じグループBではサウジアラビア代表がUAE代表から3-0の完封勝利を収め、勝ち点を10に伸ばして首位に浮上。日本は勝ち点7で3位、日本と1-1で引き分けたオーストラリア代表は勝ち点8で2位につけている。

 UAEをホームに迎えたサウジアラビアだったが、前半をスコアレスで折り返し、後半もなかなかスコアを動かすことができない。しかし、後半28分にFWファハド・アル・ムワッラドの得点で先制すると、同34分にMFナウワーフ・アル・アビドがネットを揺らしてリードを2点差に広げる。さらに後半アディショナルタイムにはFWヤヒヤ・アル・シェフリがダメ押しゴールを奪い、3-0で快勝した。

 最下位のタイ代表とホームで対戦したイラク代表はFWモハナド・アブドゥルラヒーム・カッラルが4得点を奪う大爆発を見せ、4-0の大勝で予選初白星を獲得した。

 第5節は11月15日に行われ、日本は首位のサウジアラビアをホームに迎え、2位のオーストラリアと最下位のタイ、4位のUAEと5位のイラクが対戦する。

【順位表】※カッコ内は勝ち点、横は得失点差
1.サウジアラビア(10)+5
2.オーストラリア(8)+3
3.日本(7)+2
4.UAE(6)-1
5.イラク(3)0
6.タイ(0)-9

最終更新:10/12(水) 8:30

ゲキサカ