ここから本文です

主将ルーニーがベンチ降格…守護神奮闘のイングランド、スロベニアとスコアレスドロー

ゲキサカ 10/12(水) 9:06配信

[10.11 W杯欧州予選 スロベニア0-0イングランド]

 W杯欧州予選は11日、第3節を行った。F組ではスロベニア代表のホームに乗り込んだイングランド代表が0-0で引き分けた。

 2連勝を飾っているイングランドはキャプテンのFWウェイン・ルーニーをベンチスタートさせる。前半10分にはバックパスを奪われて危機を迎えるが、FWロマン・ベジアクのシュートをGKジョー・ハートがストップし、その流れから放ったMFヤスミン・クルティッチの狙いすましたシュートがポストを叩いて難を逃れた。

 スコアレスのまま迎えた後半立ち上がりにもCKからスロベニアにゴールを脅かされ、後半24分にはFWヨシップ・イリチッチに1対1の場面を作られるが、ハートが好守を見せて得点を許さず。同28分にMFデル・アリに代えてルーニーを投入したものの、攻撃陣が最後まで守護神の奮起に応えられず、試合は0-0のまま終了を迎えた。勝ち点1の上積みにとどまったイングランドだが首位をキープしている。

 また同組では、マルタに2-0で勝利したリトアニアが2位に浮上し、スコットランドから3-0の完封勝利を収めたスロバキアが予選初白星を獲得している。

【順位表】※カッコ内は勝ち点、横は得失点差
1.イングランド(7)+3
2.リトアニア(5)+2
3.スロベニア(5)+1
4.スコットランド(4)+1
5.スロバキア(3)+1
6.マルタ(0)-8

最終更新:10/12(水) 10:50

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。