ここから本文です

名選手への登竜門、ニューヒーロー賞をG大阪MF井手口陽介が受賞

ゲキサカ 10/12(水) 14:47配信

 Jリーグは12日、今季ルヴァン杯のニューヒーロー賞がガンバ大阪のMF井手口陽介(20)に決まったことを発表した。井手口には賞金50万円、クリスタルオーナメント、ヤマザキビスケット社製品1年分が贈呈された。

 ニューヒーロー賞はグループステージから準決勝までの各試合会場で、報道関係者の投票をもとにJリーグの選考委員会が決定するもので、23歳以下の選手を対象に毎年選出される。過去にはMF名波浩(磐田)、FW高原直泰(磐田)、MF長谷部誠(浦和)、FW宇佐美貴史(G大阪=いずれも受賞当時)らそうそうたる顔ぶれが受賞している。

 受賞理由について選考委員会は「ノックアウトステージ以降の全4試合に出場し、決勝進出チームの主力として存在感を発揮。メディア投票1位での選出となった」と説明。井手口は「まさか自分がニューヒーロー賞を獲得できると思っていなかったので、素直にうれしいです。 過去に受賞した偉大な先輩方の中に自分の名前が入るという実感がまだ湧きませんが、これに満足せずこれからも成長した姿を見せていきたいです」と更なる成長を誓った。

 井手口も出場予定のG大阪と浦和による決勝は、今月15日に埼玉スタジアムで開催される。

96年:名波浩(磐田)、斉藤俊秀(清水)
97年:三浦淳宏(横浜F)
98年:高原直泰(磐田)
99年:佐藤由紀彦(F東京)
00年:鈴木隆行(鹿島)
01年:曽ヶ端準(鹿島)
02年:坪井慶介(浦和)
03年:田中達也(浦和)
04年:長谷部誠(浦和)
05年:阿部勇樹(千葉)
06年:谷口博之(川崎F)
07年:安田理大(G大阪)
08年:金崎夢生(大分)
09年:米本拓司(F東京)
10年:高萩洋次郎(広島)
11年:原口元気(浦和)
12年:石毛秀樹(清水)
13年:齋藤学(横浜FM)
14年:宇佐美貴史(G大阪)
15年:赤崎秀平(鹿島)
※所属は当時のもの

最終更新:10/12(水) 14:47

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報