ここから本文です

ツイッターCEO、408文字の内部メモ-「人生は短い。毎日が重要だ」

Bloomberg 10/11(火) 15:27配信

身売り交渉が頓挫する可能性が指摘される中、米ツイッターのジャック・ドーシー最高経営責任者(CEO)は先週、社員にメッセージを送った。

ドーシーCEOが送った内部メモに、身売りへの言及はない。同CEOは代わりに、ツイッターの「存続」戦略の下にチームを結集させる呼び掛けを行った。ブルームバーグが10日入手したメモは、一部抜粋すると以下のような内容だ。

「われわれは自らの切迫感に制限されているにすぎない。人生は短い。毎日が重要だ。日々ツイッターを利用している人々には、われわれの最良のものを受ける資格がある。彼らこそが、われわれの存在理由だ。自分たちを形成しているものを彼らに示し、彼らが可能だと考えているより速く、より良いツイッターを届けようではないか。われわれは毎日これをすることができる。できるんだ」

ツイッター広報担当のクリスティン・ビンズ氏はメモに関してコメントを控えた。

原題:Twitter’s Dorsey Rallies Staff Around Independent Strategy in Internal Memo(抜粋)

Sarah Frier

最終更新:10/11(火) 15:27

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。