ここから本文です

グーグルのAIアシスタント普及計画、サムスンが思わぬ障害に

Bloomberg 10/12(水) 12:56配信

米アルファベット傘下のグーグルは、最近発表した同社のデジタルアシスタントがスマートフォンや時計、自動車など、インターネットに接続可能なあらゆる機器に搭載されることを期待している。だが、すでに思わぬ問題にぶつかっている。

グーグルは先週、人工知能(AI)アシスタントを搭載する新型スマートフォンを発表。また、AIアシスタント機能を中核にしたスピーカーも披露したほか、他社のアプリやサービスを同アシスタントと連携させる計画も発表した。

その翌日、大手スマホ・家電メーカーの韓国サムスン電子は、独自のAI音声アシスタントを開発するヴィヴ・ラブスを買収すると発表した。

この買収は当初、サムスンのライバルである米アップルへの反撃となるように思われた。ヴィヴの技術者はアップルの音声アシスタント「Siri(シリ)」の開発に携わっていたからだ。しかし、ヴィヴの買収はグーグルにとってより大きな問題となる可能性がある。サムスンはグーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載するスマホメーカーで最大手だからだ。アンドロイドのスマホにグーグルのアシスタントが搭載されれば、その技術は急速に広まる。

だが、サムスンのイ・インジョン執行副社長は先週、同社のスマートフォンにヴィヴの技術を来年搭載し、その後に他の電子機器や家電にも組み込む計画を明らかにした。サムスンの担当者とグーグルの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Google’s Plan to Spread its AI Assistant Hits Samsung Roadblock(抜粋)

Mark Bergen

最終更新:10/12(水) 12:56

Bloomberg

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。