ここから本文です

バレンタインデーにゴールイン、なぜか離婚確率高い-欧州のデータ

Bloomberg 10/12(水) 16:01配信

2月14日のバレンタインデーに結婚式を挙げようと思っているあなた、この研究結果を読んだらちょっと考えてしまうかもしれない。

ドイツ・ボンの労働経済学研究所(IZA)が公表した論文によると、バレンタインデーやその他の特別な日に結婚式を挙げたカップルは離婚する確率が高い。結果は1999-2013年のオランダでのデータに基づく。特別な日付に結婚するカップルは教育水準が相対的に低く、あまり似たもの同士でないという要素もあるが、それを差し引いても有意な差があるという。

理由は明瞭ではないが、論文の執筆者たちは仮説を立てている。人気のある日に結婚式を挙げようとする広い式場が確保しにくい。式の出席者が少なかったカップルの離婚確率は高いというデータがあるので、これが関連しているかもしれないという。

原題:A Valentine’s Day Wedding Might Come With Higher Divorce Odds(抜粋)

Jeanna Smialek

最終更新:10/12(水) 16:01

Bloomberg