ここから本文です

独政府、ドイツ銀にビジネスモデル改革推進を促す-当局者

Bloomberg 10/12(水) 22:37配信

ドイツ政府は同国最大手銀行のドイツ銀行がビジネスモデルの変革に集中できるよう、住宅ローン担保証券問題で米政府と速やかに合意することを望んでいると、複数の独政府当局者が述べた。

ドイツ銀は規制変更と低金利環境を乗り切るための戦略の一環として、人員削減やオンラインバンキングへの転換、支店閉鎖などを推進する必要があると当局者の1人が述べた。米国の問題が決着すれば、そうした再編を進展させる余裕が生まれると別の当局者は指摘した。当局者らは匿名を条件に語った。独財務省はコメントを控えた。

メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の議会院内副総務ミヒャエル・フックス議員はインタビューで、「米当局との問題が決着すれば、ドイツ銀は再び目の前の問題に集中できるようになる」と述べた。再建は進行中で「経営陣は過去10年以上にわたる過ちを是正するのに時間が必要だ」と語った。

メルケル政権は140億ドル(約1兆4500億円)の支払いを求める米司法省とドイツ銀との交渉に関与する考えはないとしているものの、こうした発言はドイツ銀の信頼回復が遅々として進まないことを政府が懸念していることをうかがわせる。

原題:Germany Said to Spur Deutsche Bank to Press Ahead With Overhaul(抜粋)

Birgit Jennen, Patrick Donahue

最終更新:10/12(水) 22:37

Bloomberg