ここから本文です

ジュエラー鞍上デムーロ「雨より晴れがいいな」/秋華賞共同会見

netkeiba.com 10/13(木) 13:30配信

■ジュエラーに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

――ローズSを振り返ってください。
ミルコ 残念でした。馬場が悪かったのが合わなかったのと、久しぶりでちょっと太かったです。桜花賞よりスタートがよかったし、前にいく競馬になりました。以前は若さが出て掛かるところがありましたが、今回は折り合いもついて落ち着いていましたね。直線ではいつも瞬発力があるけれどあの馬場がダメでした。

――ローズSの内容が秋華賞に繋がるとお考えですか?
ミルコ そうですね。今回はリベンジと思っています。

――京都の内回り2000mという舞台は?
ミルコ 初めてコーナー4つ、内回り。京都の馬場は合うと思います。枠は気になります。内がいいですね。

――内枠がいい点は?
ミルコ 内回りはゴチャゴチャするから、内枠のほうがスムーズにいけますね。

――昨日行われた追い切りはいかがでしたか?
ミルコ よかったですね。一生懸命走っていましたね。

――お天気は気になりますか?
ミルコ 雨より晴れのほうがいいな

――オークスではご自身が騎乗されて3着だった馬(ビッシュ)が出走しますね。
ミルコ 紫苑S、強かったですね。

――最後にひとこと。
ミルコ 前走は残念だったので、今回はリベンジしたいです。頑張ります。

■ジュエラーを管理する藤岡健一調教師

――昨日行われた追い切りについて教えてください。
藤岡 いい動きだったと思います。思ったとおりいい状態で出走できそうです。ローズSのときは「もうちょっといい動きするのにな」と思っていたので、今回は文句ないですね。

――上積みは相当なものですね。
藤岡 それがなければ困ります。

――いちばん納得できた部分は?
藤岡 動きそのものが大きくなっています。体調はいいですし、カイバも食べています。時計も出ていますしね、いいと思います。

――桜花賞当時の動きを見せてくれそうですか?
藤岡 状態は桜花賞のときと変わらず、いい状態で来ていると思います。

――春からの成長面は?
藤岡 全体的なシルエットが大人になったと思います。まぁ、成長分もありますし、前躯を中心に力がついています。

――ローズSですが、ショックを受けたファンの方も多かったと思います。。
藤岡 そうですね。2番人気に推していただいたのにああいう結果になり申し訳なかったと思います。まぁ、内容的にはよかったので次(秋華賞)に繋がってくれたらな、と思います。

――前走時、前々の競馬になりましたが。そのあたりの思惑を教えてください。
藤岡 前走、レース前にジョッキーと話していたんですが、次の秋華賞は京都の内回り。後ろからではとても届かないのではないか、ということで、ある程度(秋華賞を)想定しながらレースに臨もうということだったんです。結果的に最後伸びなかったので、そのあたりは修正していきたいです。ただ、スタートはよかったし、いつもよりいい位置につけることができました。それで弾けてくれれば、と思っています。僕らにとってはよかったな、と思っています。

――修正、という言葉がありました。具体的には?
藤岡 骨折後、すこし立ち上げに時間がかかりましたので、そのあたり鍛えながら。フォームも頭が高いところが感じられたので、そのあたりも修正しました。

――前走の折り合いについては?
藤岡 もともとそんなにひっかかるタイプではないのですが、久々の分、ちょっと行きたがるところがありました。それはできるだけ落ち着かせるように、調教段階でも工夫しています。前走の直前の追い切りでは結構行きたがっていたので、今回どうなるか心配していたんですが。でも、今回は折り合いがついて終い弾けるという思惑どおりの調整ができました。よかったです。

――舞台は京都の内回り2000mに変わります。
藤岡 この馬自身の体調、状態がアップしているのがいちばんいいですね。あとはレースの流れに乗ってくれれば結果は出てくれると思います。

――血統的背景から距離を不安視する声もありますが?
藤岡 もともと体型的なものもあったので長距離は大丈夫だと思っていました。桜花賞よりオークスのほうが向いていると思っているくらいです。距離についての不安はありません。

――春からのライバルが戦線離脱しましたが。
藤岡 (ジュエラーが)唯一二冠達成の権利のある馬なので、達成できるように頑張りたいと思います。いい状態で出れますので皆さん応援してください。桜花賞馬らしい競馬をしてくれればと思います。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:10/13(木) 13:30

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。