ここから本文です

ジャネット・ジャクソン、妊娠していることを認める

bmr.jp 10/13(木) 16:00配信

ジャネット・ジャクソン、妊娠していることを認める

ジャネット・ジャクソン、妊娠していることを認める

今年4月、「新しい家族を迎える」ためとしてワールド・ツアーの公演延期を発表していたジャネット・ジャクソンが、噂されていたとおり夫との第一子を妊娠中であることを自ら認めた。

昨年10月には、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては2008年の『Discipline』以来、およそ7年ぶりとなるニュー・アルバム『Unbreakable』を発表、これまで数々の名作を生んできたジミー・ジャム&テリー・ルイスと久々に全面的にタッグを組んでファンを喜ばせたジャネット・ジャクソン。この最新作『Unbreakable』で全米チャート初登場1位を獲得したジャネットは、1980年代、1990年代、2000年代に続いて2010年代でも1位を手にしたアーティストとなり、ブルース・スプリングスティーンとバーブラ・ストライサンドに続く史上3人目という快挙も達成した。

また昨年8月末からは久々のワールド・ツアー〈Unbreakable World Tour〉も始まり、昨年11月にはおよそ14年ぶりとなる来日公演を敢行し、“復活”を印象づける最高のパフォーマンスを魅せたジャネットだが、今年1月から始まる予定だった欧州・北米公演を「医師から、すぐに手術を受ける必要があると伝えられた」として延期。具体的な病状を明かさなかったことから、がんに罹っていると一部ゴシップ・サイトが報じるなど体調面で心配されたが、今年1月には「私の口から出た言葉だけを信じてほしい。あの噂は事実じゃない。がんにはかかってない」などと自ら語る動画メッセージを公開。すぐに延期公演の新たな日程を発表するとした。

しかし今年4月になって、ジャネットは新たな動画メッセージを公開。新たな家族を迎えるために、延期していた欧州・北米公演をさらに延期する必要があるとした。具体的に「妊娠」という言葉を使わなかったものの、一般的に「子をもうける」という意味で使われる「plan (start) a family」という表現を使ったことで、夫ウィサム・アル・マナとの子を妊娠したと見られていたが、今年5月には50歳になるという高齢でもあることから、代理出産説など様々な憶測を呼んだ。

実際にジャネットが妊娠しているという話は、その後に兄のジャーメイン・ジャクソンとティト・ジャクソンがそれぞれ認め、先月末にはお腹が大きくなったジャネットの姿をとらえた写真が出回っていたが、ついに本人が妊娠を認めた。ジャネットはPeople誌の取材に応じ、腹部がふくらんだ姿を公開すると共に、「神さま、祝福をありがとう」と妊娠を喜ぶコメントを発表している。

私生活について多くを語らないジャネット・ジャクソンは、2012年中に大富豪ウィサム・アル・マナと極秘結婚し、翌年になって結婚したことを認めた。

最終更新:10/13(木) 16:00

bmr.jp