ここから本文です

三菱重工の大宮会長「日本の航空業界大きく伸びる」 国際航空宇宙展で講演

Aviation Wire 10/13(木) 12:02配信

 東京・有明で10月12日から15日まで開催中の「2016年国際航空宇宙展」(JA2016)で、経済産業省製造産業局の糟谷敏秀局長と、一般社団法人・日本航空宇宙工業会(SJAC)で顧問を務める三菱重工業(7011)の大宮英明会長が初日の12日に講演し、日本の航空業界の発展に高い期待感を寄せた。

◆大宮会長「大きく伸びる」

 2014年の産業別出荷額によると、国内の航空機産業は1兆9000億円。自動車は53兆3000億円で、およそ30分の1の規模となっている。また、各国の航空機産業規模と比較すると、米国が22兆1000億円、フランスが6兆9000億円、英国が5兆1000億円。日本は米国の12分の1、欧州各国の3分の1の規模にとどまる。

 大宮会長は「先進国と比較し、日本の航空産業は規模が小さい」としながらも「大きく伸びる余地がある」と述べ、高い期待感を示した。

 また、航空産業は長期間にわたる膨大な資金や、高い信頼性を保持する技術力などの「参入障壁の高さ」がある一方、最先端の部品や先進的な製造・組立技術、全体をシステムとしてコントロールする制御技術など、製造業の頂点に位置する「付加価値の高さ」がある。

 大宮会長は「部品や素材には厳しい技術が求められ、部品や素材産業の高度化を通じ、自動車などほかの産業にも技術波及する」と述べ、日本の製造業全体が発展するとした。

 糟谷局長は、日本の航空産業規模について「年約5%で成長している。2030年には3兆円を超える」とし、「拡大できる成長産業だ」と見通しを述べた。

◆糟谷局長「MRJ後戻りできない」

 また、開発中の国産ジェット旅客機「MRJ」について、大宮会長は開発状況を説明。9月の米国へのフェリーフライトなどを紹介した。

 MRJはこれまでに、全日本空輸(ANA/NH)などを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)や日本航空(JAL/JL、9201)など、7社から計427機(確定受注233機、オプション170機、購入権24機)を受注している。

 「納入前にこれだけの受注をいただいた。日本の技術と期待の高さを感じている」と大宮会長は語り、「必ず成功させる」と意気込みを示した。

 MRJは半民半官の航空機メーカー、日本航空機製造によるターボプロップ機YS-11型機以来およそ50年ぶりの国産旅客機となる。糟谷局長は「後戻りや足踏みはできない」と語った。

Yusuke KOHASE

最終更新:10/13(木) 12:02

Aviation Wire

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。