ここから本文です

川口春奈×山崎賢人、圧倒的に純真な場面写真解禁!『一週間フレンズ。』

cinemacafe.net 10/13(木) 8:00配信

TVドラマ「Chef~三ツ星の給食~」や映画『にがくてあまい』の川口春奈と、先の月9ドラマ「好きな人がいること」や映画『四月は君の嘘』の山崎賢人という、人気若手俳優2人が初共演にしてW主演を果たす『一週間フレンズ。』。このほど、2人がそれぞれ演じる藤宮香織と長谷祐樹の“圧倒的純真さ”が炸裂する場面写真3点が解禁となった。

【写真】川口春奈/『一週間フレンズ。』

原作コミック・シリーズ累計150万部、アニメ化、舞台化もされ、今世紀もっとも泣ける純愛(ピュアラブ)ストーリーとして、早くも話題の本作。今回解禁となったのは、川口さん演じる藤宮香織と、山崎さん演じるクラスメイト・長谷祐樹の場面写真3点。それぞれのピュアな表情を正面からとらえたものと、屋上での「友だちになってください」シーンを切りとったものとなっている。

香織は、友だちを作らず、いつも1人でいる女子高校生。“友だちのことを一週間で忘れてしまう”という記憶障害を持つことから、誰とも必要以上の会話をせず、人と関わることを極力避けてきた。家族や先生のことは忘れず、なぜか、彼女がなくしてしまう記憶は“友だちのこと”のみ。昼休みは屋上に行き、1人でお弁当を食べている。

そんな香織役について、川口さんは「本当に難しくて、過去のトラウマや病気と闘いながらも人の温かさにふれて、不安の中、前向きに生きている女の子だと思いました」と語り、 “一週間ごとの記憶喪失”という気持ちを作ることが非常に難しい役どころに全身で挑んだことを明かす。

一方の祐樹は、少女コミックの“実写化王子”代表・山崎さんがこれまで演じてきた役柄にはない、どこか少し抜けていて憎めない、天真爛漫な男子高校生。初めて会った日から香織に惹かれ、同じクラスになった彼女に「友だちになってください」と声もかけるも、「無理」のひと言であっけなく玉砕。それでも、ひたむきに声をかけ続けるという、明るくて健気なキャラクターだ。何度も何度も、思いを伝え続ける祐樹。ある日、香織から「私は友だちになっちゃいけないの」と告げられ、彼女が記憶障害を持つことを知った祐樹は…。

すでに公式Twitterのフォロワー数が8万を突破した本作。2人が紡ぐ、切なくもキラキラした青春ラブストーリーは、女子中高生にとどまらず、幅広い世代からの注目を集めている。

『一週間フレンズ。』は2017年2月18日(土)より全国にて公開。

最終更新:10/13(木) 8:00

cinemacafe.net

なぜ今? 首相主導の働き方改革