ここから本文です

ヴィブロス福永「今回やれるんじゃないかという思い」/秋華賞共同会見

netkeiba.com 10/13(木) 14:30配信

■ヴィブロスに騎乗予定の福永祐一騎手

――最終追い切りの感触は?
福永 予定していた時計より少し速くなりましたが、追い切り後の息遣いもよかったですし馬自身も落ち着いています。いいコンディションでこれていると感じています。

――少し押していたような感じでしたか?
福永 そうですね。最後、もうちょっと鋭い反応を見せたかったんですけど、予定していた時計よりちょっと速くなった分最後の反応は…あまりよくなかったですけど。まぁ、追い切り自体があまりパッとしなかった。でも、非力なタイプの馬で、芝での走りがいい馬ですからそんなに心配はしていないです。

――前走から更なる変化は感じましたか?
福永 前走は追い切りは乗らずにレース前の返し馬で感触を確かめました。ひじょうによかったですね。馬が成長していい動きになっていましたし「これなら重賞でも!」という体の使い方をしていましたのでね。期待はしていました。今回は順調にこれているのが何よりですね。普段乗っている調教助手の方から変わらない状態だと聞いていますから、いい状態で出走できると思います。

――どのあたりに成長を感じましたか?
福永 総合的にですね。総合力が増した印象を受けました。

――ここ2走、差しの競馬が続いています。
福永 2走前から依頼をいただいて乗せていただきました。以前はスピードを生かして先行する競馬もしていましたが、中京のレースからちょっとためるレースをしてほしいというオーダーもありまして、その結果、いい競馬をしてくれました。この戦法がこの馬の心身からしてもいちばん力を発揮できる戦法なのでは、と思います。

――今回もこのレーススタイルでしょうか?
福永 そうですね。行こうと思えば行けるくらいスタートは速いですし、流れ次第だとは思いますが。ここ2戦、差す競馬で結果が出ているので、今回ある程度先行するにしても最後バテるような競馬にはならないと思います。あくまでも流れ次第ですね。

――京都の内回り2000mについては?
福永 ある程度、器用さが求められるコースですから。その点に関しては小柄で器用な馬なのでうまく立ち回ってくれるのではないかと思います。

――ヴィルシーナの妹です。姉の面影は感じますか?
福永 ちょっとタイプが違いますね。お姉ちゃんより切れ味がありますね。

――ライバル関係は?
福永 春シーズンは強い馬と走ることがなかったので、当然胸を借りる立場ではあります。前走をみても大きな不利がありながら、抜けた2着まできてくれましたから。かなり力をつけているのは間違いないですし、今回GIホースも相手にいるので簡単な相手ではないと思いますが、楽しみは大きいですね。

――ファンの皆さんにひとこと。
福永 この夏、力をつけてようやく一線級相手に戦えるところまできました。まだまだ胸を借りる立場ではありますが、コンディションもよさそうなのでどれくらいやれるのか…。今回やれるんじゃないかという思いを持っていますし、当日強い馬を相手にいい競馬ができればと思っています。

■ヴィブロスを管理する友道康夫調教師

――最終追い切りはいかがでしたか?
友道 今日は馬場が悪かったんですが、馬自身はそれほど無理せずいい時計が出たと思います。最後1ハロンくらい、ジョッキーが仕掛けましたが反応もよかったですし、息の入りもよかったみたいなんで。いい状態を維持していると思います。

――1週前はビッシリやっていますが、そのあたりは?
友道 もともとこの馬の調教パターンが、1週前にビッシリ当該週はサラッとやるというかんじなんですが、1週前の追い切りで結構体はできたと思っています。その状態を維持して今週の競馬に出走できると思います。

――現在の状態は?
友道 今回も若干のプラス体重で出れると思います。体もより大きくなり、その分力もついていると思います。

――夏を越しての成長は?
友道 春はまだ体自体は幼いところがありましたが、休養を経て馬体重の数字は変わりませんが見た目がひとまわりくらい大きくなったかな、という印象を受けました。背も伸びましたね。体幹もよりしっかりして動きもよくなりました。

――ここ最近のレースぶりについてはいかがでしょう?
友道 福永くんが中京で強い競馬をしてくれました。前走も中団からの差し。ほんと福永くんが上手に乗ってくれていると思います。

――この馬のいいところは?
友道 以前から期待していた馬です。桜花賞など春は間に合わなかったのですが、最後の秋の一冠に間に合ってよかったです。いまの状態でどこまで通用するのか、試してみたいですね。最後の脚と勝負根性がこの馬のいいところだと思います。

――京都の内回り2000mについてはいかがですか?
友道 京都では未勝利を勝たせてもらっています。時計の速い、平坦な馬場はあっていると思います。前走の中山より競馬しやすいと思います。

――ヴィルシーナの面影は?
友道 数字的には差がありますが、いま馬体のシルエットや毛ヅヤはほんとそっくりです。前走を見ても、お姉ちゃん譲りの勝負根性が見受けられました。気持ちで走るところはよく似ていますね。姉の分まで頑張ってほしいですね。この馬もいずれは大きなところを獲ってくれる馬だと思っています。

――いずれ?
友道 いや、それが今週かも、と思っています(笑)

――最後に意気込みを。
友道 やっぱり姉のヴィルシーナの分まで頑張ってほしいですね。応援よろしくお願いします。

(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:10/13(木) 14:30

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ