ここから本文です

<内田理央>京都国際映画祭にスリット入りドレスで登場 森川葵もキュートに背中見せ

毎日キレイ 10/13(木) 18:50配信

 女優の内田理央さんと森川葵さんが13日、京都市内で開幕した「京都国際映画祭2016」(同映画祭実行委員会主催)のオープニングセレモニーに出席。内田さんは体にフィットした花柄のノースリーブドレスにワインレッドのピンヒールといういでたちで、スリットから美脚をのぞかせていた。内田さんは同映画祭で上映される「Bros.マックスマン」に出演しており、「ちょっと偉いアナウンサー役だったので、貫禄のあるニュースの読み方が難しかった」と笑顔で振り返っていた。

【写真特集】ちょっぴり大人なだーりお 森川葵のバックショットも 

 また森川さんはチャイナ服風のブルーのドレスで、背中をちらりと見せていた。森川さんは上映作品「A.I.LOVE YOU」に出演している。そのほかセレモニーには女優のともさかりえさん、葵わかなさん、アイドルグループ「NMB48」の矢倉楓子さん、上西恵さん、元メンバーの門脇佳奈子さんらが登場した。

 「京都国際映画祭」は、1997年から京都市内で開催されてきた「京都映画祭」を発展継承する形で2014年に誕生。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画、アート、パフォーマンス、工芸、演芸などあらゆる分野に対象を広げて京都から世界に文化を発信する。

 3年目の今年のキャッチコピーは「京都上ル上ル(あがるあがる)」。映画部門はドキュメンタリーとサイレントを中心に上映され、ゴーストライター騒動の佐村河内守さんにスポットを当てた作品「FAKE」が話題を呼んだ森達也監督や喜劇王チャップリンを特集。また、アート部門ではマンガ家の蛭子能収さんの個展も行われる。よしもと祇園花月(京都市東山区)など同市内の複数会場で16日まで。

最終更新:12/10(土) 9:43

毎日キレイ