ここから本文です

まるでタイヤ! 元先生がキャリーケース開発、教え子のツイートで拡散 あの「よしもと」が宣伝に一役

withnews 10/14(金) 7:00配信

 中学校の元教員が開発した「タイヤみたいなキャリーケース」がネット上で話題になっています。キャスターがないため、音も少なく段差にも強いのが特徴で、よしもとクリエイティブ・エージェンシーも企画や宣伝に関わっています。確かに話題になりそうな商品ですが、そのきっかけを作ったのは教え子のツイートでした。

【画像】スイスイ転がる「スネイル」の内部、USB充電のコードや荷室、着せ替え用カバーなども動画で紹介

名前は「スネイル」

 このキャリーケースの名前は「Snail(スネイル)」。日本語に訳すと「カタツムリ」です。サイズは直径55センチ、幅34センチ、容量は38リットルで、来年夏の発売に向けて現在改良を進めています。

 キャスターがなく、ケースの外縁全体がタイヤになっていて回転します。このため、デコボコ道でも簡単に引くことができ、段差部分では持ち上げることなく引いたまま乗り越えることもできるそうです。

 ベアリングを活用してケースの外側だけが回転するようになっているため、中の荷物が回転することもありません。また、ケースの回転を活用した簡易充電システムも付いており、USBでスマホの充電もできます。

 機能面だけでなく、見た目にもこだわっています。側面のカバーは基本は4色展開ですが、オーダーメイドで迷彩柄やドット柄などにもできるようにする予定です。

開発したのは元教師

 「うちの学校の倫理の先生 最新丸型キャリーケース作って会社立ち上げてるんだけど、すごくない?? 階段も転がるし、USB式でスマホの充電もできるらしい、、来年発売なんだけどまじで遠征の味方!!!!」

 10月4日、ツイッターに投稿されたつぶやきが次々拡散し、リツイートは3万5千を超えています。これに対して「これ可愛い」「かわいいし、すごく機能的」「ちょっとした段差が多くて歩き疲れちゃうので、この形とても良さげ」といった反応が寄せられています。

 スネイルを開発したのは、株式会社NOVELの代表取締役・立川正昭さん(49)です。

 2013年まで長崎県内で中学校の教員として働いていた立川さん。フリースクールと塾を経営しながら、発明家としても活動してきました。

 趣味の海外旅行で中国へ行ったとき、舗装されていない道路でキャリーケースが思うように動かず苦戦しました。帰りの機内で「キャリーケース自体が回れば解決するんじゃないか」とひらめいたといいます。

 開発を始めたものの、当初は中身も一緒に回転してしまい荷物がぐちゃぐちゃに。そんなとき、元教え子たちにもアイデアを出してもらいベアリングを使うことで解決。試作品づくりにも協力してもらいました。

 そうして2014年に試作品の「HYBRID ROLLER」を発表。それを進化させたのがスネイルです。現在、スネイルは来年夏の発売に向けて改良を続けています。

1/2ページ

最終更新:10/14(金) 7:00

withnews