ここから本文です

ジュエリーブランド「4℃」が過去最高益のワケ

ZUU online 10/13(木) 6:40配信

10月末のハローウィンが終わると、街はクリスマスモードに包まれ年末商戦に突入していく。聖なる夜のプレゼントとしても人気の高いジュエリーを扱うショップは、クリスマス商戦が一年で最もかき入れ時だろう。

ジュエリーブランドの中で最も勢いを見せているのが「4℃(ヨンドシー)」で、店舗を運営するヨンドシーホールディングス <8008> が発表した2017年第2四半期の連結決算では、純利益が前年同期比50.6%増の20億8100万円となり、同期としては過去最高を更新した。消費者の節約志向の広がり、訪日外国人旅行客のインバウンド需要が減速する厳しいビジネス環境のなか、どのようなビジネスモデルで着実に成長を続けているのだろうか。

■低価格帯ジュエリーが根強い支持

4℃について馴染みのないビジネスパーソンのために基本的な事業内容をピックアップすると、20-30代の女性を主なターゲットとしてシルバーアクセサリーが中心のジュエリーやアパレル・バッグなどを取り扱っている。主力の店舗である4℃に加え、20代前半の女性を対象とした、かわいらしさを演出するジュエリーを販売する「canal 4℃」、ジュエリーのように輝くレザー小物を揃える「Luria 4℃」などを国内外に222店舗を展開。

洗練されたデザインで、女性らしさをアップさせる商品が支持を集めている。17年第2四半期連結決算では、中心となる4℃ジュエリー部門の売上が前年同期比で0.7%と減少したのに対し、canal 4℃は同24.6%、Luria4℃は同2.7倍まで売上を伸ばした。

■ 若い女性の心を掴んで離さない理由

ジュエリーと耳にすると、高額な商品をイメージしがちだが、4℃は1-2万円台の商品を中心としたラインナップで、高額商品は10万円台までで揃える。特に前者の価格設定が、手軽にジュエリーでお洒落を楽しみたい若い女性の心を掴んで離さないようだ。

気分や洋服のコーディネートに合わせてジュエリーも選択したい女性たちにとって、4℃の価格設定は強い味方となる。ジュエリー市場は、景況感の影響を受けやすく、特に高額ジュエリーの販売は、株価などの影響で急ブレーキがかかる危険性がある。しかし、4℃は低価格帯の商品を充実させることで、女性たちの力強い需要に支えられ、景況感に左右されることなく堅調な売り上げで推移している。

しかし、記録的な台風の上陸に見舞われた2016年8月は、4℃の既存店も苦戦。客数は前年同月比で1.6%減、客単価は同5.8%の落ち込みとなった。救世主となったのがEC事業で、売上は同53.9%増と大幅な伸びを記録。悪天候で店舗に足を運べなかった顧客が、ネットに切り替えて商品を購入した姿が浮かび上がる。

高額なジュエリーのケースでは、ネットショッピングでの購入に二の足を踏む可能性もあるが、1-2万円の商品の場合は手軽に利用できるだろう。さらに、すでに4℃の商品を購入したことがある顧客にとっては、サイズ感や実物のイメージにも馴染みがあり、躊躇なくネットから購入し、その事業の成長を支える。

■ 旬の商品をタイミングよく届ける

小売業の命運は、ファストファッションの時代に代表されるように、新商品導入の機会を増やし、来客頻度を上げて、消費者がその時に欲しい旬の商品をいかに提供できるかにかかっている。洋服に比べて比較的商品の寿命が長いとされるジュエリーだが、売れない商品を店舗に陳列し続けるのは、ブランドマーケティングの上でも足かせとなる。

商品の売れ行きが思わしくない場合に、値下げや抱き合わせ販売など、あの手この手で販売促進をして在庫処理を試みるのが一般的だが、4℃は基本的にはセールで値下げには踏み切らない。売れ行きが伸びない商品を見極め、ジュエリーを溶かして新しい商品に蘇らせることで、不要な在庫を抱えず、「旬」の商品を店頭に並べるように工夫している。こうした戦略は、値下がりまで顧客が消費を控え、店舗も売上高も伸び悩む問題から解放され、顧客の来店回数や購入頻度のアップに貢献することが期待できる。

バブル崩壊以降、ジュエリー市場は縮小傾向にあるが、いつの時代も宝飾品を楽しみたいという女性の心に変化はないようだ。そのなかで、消費者がジュエリーに費やしたい価格帯を的確にとらえ、旬の商品をタイミングよく消費者に届ける4℃は、時代の潮流に乗って手堅くビジネスを成長させる。

消費マインドの冷え込みやインバウンド需要の落ち込みなどビジネスを取り巻く環境は立ち向かう荒波のようだが、外的要因からの影響を最小限に食い止めながら、好調な業績を積み上げる4℃がクリスマス商戦でどれほどの勢いを見せるか。年末の楽しみなビジネス話題となりそうだ。(ZUU online 編集部)

最終更新:10/13(木) 6:40

ZUU online

チャート

4℃ホールディングス8008
2634円、前日比-8円 - 12/2(金) 15:00

なぜ今? 首相主導の働き方改革