ここから本文です

【NJKF】RIZINでKO勝ちの悠矢が初防衛戦

イーファイト 10/13(木) 20:08配信

 11月27日(日)東京・後楽園ホールで開催される『NJKF 2016 7th』の追加対戦カードが発表された。WBCムエタイ日本統一王座3階級のタイトルマッチが決定。

【フォト】RIZINでTKO勝ちした悠矢

 WBCムエタイ日本統一 スーパーフェザー級王者・悠矢(大和ジム)はNJKFスーパーフェザー級王者・鈴木翔也(OGUNI-GYM)の挑戦を受け、初防衛戦に臨む。悠矢は今年4月、名古屋で開催された『RIZIN.1』の第1試合スペシャルキックマッチで、TKO勝ちを収めて以来の試合。

 両者は2014年7月にNJKF同級王座決定戦で対戦し、悠矢がKO勝ちして王座に就いている。鈴木は9月大会で次期挑戦者決定戦に勝利して、挑戦資格を得た。両者ともパンチ、ヒジを多用する激闘派であり、前回同様KO決着が期待される。

 WBCムエタイ日本統一ライト級王座決定戦では、NJKFライト級王者・階勇弥(健心塾)と第2代REBELS-MUAYTHAIライト級王者・小川翔(OISHIGYM)が王座を争う。

 階はムエタイスタイルのテクニシャンだが、10月の『ホーストカップ』ではヒジなしルールでRISEランカーの麻原将平にKO負けを喫し、今回が再起戦となる。対する小川は蹴拳ムエタイスーパーライト級王座も保持する二冠王で、今回三冠王を目指す。ミドル&ロー、そして飛びヒザ蹴りと蹴り技を得意とする。

 WBCムエタイ日本統一バンタム級王座決定戦は、林敬明(TSKjapan)とINNOVATIONバンタム級王者・鈴木真彦(山口道場)が王座を争う。

 林は今、注目を集めるキックボクサーでバンタム級では珍しく177㎝の長身を誇り、サウスポーから繰り出す攻撃で現在15連勝中。特にKOを狙うヒジ打ちは強烈。これまでにWMC日本バンタム級王座、WPMF世界バンタム級暫定王座など、実に5本ものベルトを獲得。今回6本目、さらに12月25日のJ-NETWORKではJ-NETWORKバンタム級王座決定戦も決まっており、年内に7冠王を目指すベルトコレクター。

 対する鈴木は12勝のうち7勝がKOの強打者で、2015年8月にはBLADE FC JAPAN CUPトーナメントで那須川天心とも対戦している。林のヒジか、鈴木のパンチか。これもKO決着が期待される好カードとなった。

<決定対戦カード>

▼WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5R
悠矢(大和ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)
vs
鈴木翔也(OGUNI-GYM/NJKFスーパーフェザー級王者/挑戦者)

▼WBCムエタイ日本統一ライト級王座決定戦 3分5R
階 勇弥(健心塾/NJKFライト級王者)
vs
小川 翔(OISHIGYM/第2代REBELS-MUAYTHAIライト級王者)

▼WBCムエタイ日本統一 バンタム級王座決定戦 3分5R
林敬明(TSKjapan/WPMF世界バンタム級暫定王者、WMC日本バンタム級王者)
vs
鈴木真彦(山口道場/INNOVATIONバンタム級王者)

最終更新:10/13(木) 20:08

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]