ここから本文です

酒浸りで仕事のストレスを発散する今井翼

リアルライブ 10/13(木) 12:32配信

 滝沢秀明とのユニット「タッキー&翼」として活動する今井翼が、銀座の高級クラブのVIPルームで仕事の愚痴をこぼしまくっていることを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

 同誌によると、今井が行きつけの銀座のクラブには、もともと俳優の渡部篤郎に連れられて行き、今井は多い時で週5のペースで来店。深夜二時三時まで居座り、飲み始めは上機嫌だが、酔いが回ると「解散したい」とくだを巻き始め、「滝沢は自由だ。事務所の恩恵を受けてる」などと事務所のことを愚痴るという。

 そうなったきっかけはSMAPの分裂・独立騒動。日頃から中居正広を慕い、「SMAPさんが分裂なんてあり得ない」と激しく動揺。8月のSMAP解散発表以降、酒をあおっては、同誌を愛読していることもあり、「SMAP解散はメリーさんのせいだ。俺はもう事務所を辞めるしかない」と投げ遣り。結局、今井の不満の声はメリー喜多川副社長の耳にも届き、キツくお灸を据えられたという。

 「滝沢はもともとジャニー喜多川社長の寵愛を受け、本来はピンで売って行くことが決まっていた。しかし、滝沢は今井のことを気遣い、『翼と一緒じゃないと嫌だ』と『タッキー&翼』の活動続行を進言。しかし、滝沢は大河や民放の主演をつとめるなど活動は順調そのもの。今井との“格差”は開く一方だった。それに対して、今井はフラメンコを学びにスペインへ渡るなど努力を重ねたが、滝沢との差は広がる一方。愚痴りたくもなるだろう」(芸能記者)

 渡部といえば、今年6月、元銀座のクラブホステスの女性と再婚。かなり“クラブ活動”が盛んなことで知られていたが、「よく仲のいい芸能人を連れ歩いていたが、今井はあまり遊び慣れていないため、見事にハマって通うようになってしまった」(女性誌記者)。

 今井の不満は募る一方と思われるだけに、今年結成15年目を迎えた「タッキー&翼」だが、このまま活動を継続するのはかなり難しそうだ。

*画像イメージ

最終更新:10/13(木) 12:32

リアルライブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]