ここから本文です

ミラ・ジョヴォヴィッチ来日決定、「バイオハザード」最終章で共演のローラも登壇

映画ナタリー 10/13(木) 5:00配信

12月23日に世界最速公開される「バイオハザード」シリーズの最新作「バイオハザード:ザ・ファイナル」。本作で主演を務めるミラ・ジョヴォヴィッチの来日が決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「バイオハザード」シリーズは、日本で発売されたアドベンチャーゲームを原作とするアクションホラー。その最終作である「バイオハザード:ザ・ファイナル」では、ジョヴォヴィッチ演じる元特殊部隊員アリスと、人間をゾンビ化させる“T-ウイルス”を生み出したアンブレラ社の最後の戦いが描かれる。

ジョヴォヴィッチは12月13日に日本で開催されるワールドプレミアに出席。アリスとともにゾンビと戦う女戦士コバルト役でハリウッドデビューを飾る、ローラの登壇も予定されている。

また、10月15日から本作のティザービジュアルを使ったムビチケカード第2弾の販売がスタート。特典として、シリーズ全6作の海外版ポスタービジュアルを使用したポストカードセットと、ワールドプレミアへの応募券ハガキが付属する。

最終更新:10/13(木) 5:00

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]