ここから本文です

【秋華賞】桜の女王ジュエラー反撃態勢整った!直線はじけた2馬身先着

デイリースポーツ 10/13(木) 6:04配信

 「秋華賞・G1」(16日、京都)

 オークス馬シンハライト回避で大混戦となった牝馬ラスト1冠。3日間開催明けの変則日程のなか、東西のV候補2頭が12日、追い切りを行った。桜花賞馬ジュエラーは栗東DPでラスト1F11秒2の切れ味を発揮して先着。陣営はローズS11着大敗からの巻き返しへ自信を見せた。一方、紫苑Sを快勝したオークス3着馬ビッシュは美浦Wで軽めの内容ながら、しなやかな動きを披露。こちらも態勢は万全だ。

 最大のライバルが戦線離脱しても気を緩めることはできない。桜花賞馬ジュエラーが、栗東DPで持ち前の切れ味に磨きをかけた。

 5馬身前方を進むクルークハイト(2歳未勝利)を目標にスタート。ムキになって追い掛けることはなく、しっかりと僚馬を見定め、4角入り口では射程圏に入れた。直線で並び掛けるとはじかれた矢のように一気に鋭伸。5F62秒6-35秒6-11秒2で、2馬身先着のフィニッシュだ。

 「少し時計は速いかなあ、と思ったけど、入りが少し速かった分だろうし、動きは良かったから。(前走を)叩いてムキにならないでスムーズなケイコができた」と藤岡師は納得の表情でうなずく。

 骨折明けで桜花賞以来の実戦となった前走、ローズS時の追い切りでは「併走馬に追いつくまでに少し(ハミを)かんでいた。実戦でもそうだった」と振り返る。それだけに「(ハミが)抜けた感じで走れていましたし、最後もグッと伸びてくれました。前走時より力みがなかったですし、動きも素軽くなってきました」と手綱を取った仲田助手も笑顔だ。

 その復帰戦は11着と崩れた。過去に前走2桁着順から、秋華賞を制したのは96年ファビラスラフイン(前走・NHKマイルC14着)、08年ブラックエンブレム(同ローズS15着)の2頭しかいない。だが、藤岡師は「調整が遅れて中身が伴っていなかっただけ。今回は順調な調整ができた」と力強い。桜の女王の威信を懸けて、きっちり本番で巻き返してみせる。

最終更新:10/13(木) 7:06

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。