ここから本文です

レアル、クロースの引き留めに成功 22年まで契約延長

ISM 10/13(木) 10:43配信

 レアル・マドリー(スペイン)は現地時間12日、ドイツ代表MFトニ・クロース(26)との契約を2年延長し2022年までとすることで合意したと発表した。

 クロースは16歳でバイエルン(ドイツ)に加入すると、2012-13シーズンにチャンピオンズリーグ(以下CL)優勝、13-14シーズンには2年連続での国内二冠達成を経験。14年にレアルへ移籍した。同チームではこれまで公式戦108試合に出場し、昨季は主力としてCL制覇に貢献している。

 マンチェスターU(イングランド)のOBであるポール・スコールズ氏が、「クロースのような選手が必要」と語るなど、クロースにはマンUを含めた多くのクラブからの関心が寄せられていたが、レアルは引き留めに成功している。(STATS-AP)

最終更新:10/13(木) 10:43

ISM