ここから本文です

<妻夫木聡>実写版「ミュージアム」で猟奇殺人犯の“カエル男”役 イベントで明らかに

まんたんウェブ 10/13(木) 18:16配信

 巴亮介さんのサイコスリラーマンガを俳優の小栗旬さん主演で実写化する映画「ミュージアム」(大友啓史監督、11月12日公開)のジャパンプレミアが13日、東京都内で開催され、劇中で猟奇殺人犯の“カエル男”を俳優の妻夫木聡さんが演じたことが発表された。妻夫木さんは雨と雷鳴の演出の中、数人の“カエル男”とともに、傘を差して登場し、「カエル男の妻夫木です」と明かした。

【写真特集】注目のカエル男は…

 妻夫木さんが登場すると、観客は大きな悲鳴と歓声を上げ、妻夫木さんは「(自分より前に登場した)野村周平より、歓声が大きくてよかった」と笑顔。「(カエル男は)原作から好きな役で、原作のようにやるよりも映画ならでは(のやり方)でやらせていただいた。遊ばせていただきました」と語った。

 「ミュージアム」は、「週刊ヤングマガジン」(講談社)で2013年7月から14年1月まで連載されたマンガが原作。カエルのマスクをかぶって残虐な殺人を行うカエル男と、妻子をターゲットにされた刑事・沢村の攻防を描いている。残された手がかりから犯人を追い詰める沢村だったが、実はそれはカエル男によって仕組まれたわなだった……というストーリー。

 ジャパンプレミアには妻夫木さんのほか、沢村を演じる小栗さん、沢村の妻・遥役の尾野真千子さん、沢村を慕う新米刑事役の野村周平さん、丸山智己さん、田畑智子さん、松重豊さんが出席した。

最終更新:10/17(月) 12:06

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]