ここから本文です

生まれて初めての棄権 藤本麻子が米ツアー挑戦を断念

ゴルフ情報ALBA.Net 10/13(木) 17:49配信

<富士通レディース 事前情報◇13日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>

【関連写真】一方米ツアー出場権獲得に闘志を燃やす畑岡奈紗

 「ヨコハマタイヤLPGAクラシック」出場を機にさらに強くなった米国LPGAツアーへの思いはいったん封印する。今季の米国女子ツアー予選会受験を予定していた藤本麻子は、「日本女子オープン」での棄権につながった故障により、畑岡奈紗も出場する20日からのセカンドQTをキャンセルしたことを明かした。今後は国内ツアーに専念し、来季以降の米ツアー参戦の道を探る。

 苦渋の決断だった。カレンダーのほぼすべてが埋まる女子ツアーのスケジュールに加え、9月1日(木)からは韓国ツアー「ハンファ・ファイナンス・クラシック」に出場し、北海道と韓国を往復するなどハードな夏を過ごした影響が体にきた。左足首に覚えた違和感は日を追うごとに増幅し、「日本女子オープン」開幕前に受診した病院では医師から「もう歩くな」と言われたという。

 診断名はアキレス腱周囲炎と滑液包炎。無理を続けるうちに右足首にも滑液包炎を発症し、ついに女子オープンを途中棄権。「大きなケガもなかったし、棄権したのも生まれて初めてだったのでショックというか、悔しかった」。

 現在もハリは残るものの、プレーに支障はない程度まで回復した。それでも、「飛行機に乗っていって練習ラウンド、試合4日間とやるのは難しい」と米国でのQT出場を断念。昨年末から年始にかけては米国に渡ってファイナルQTの舞台を練習ラウンドするなど周到に準備を進めてきただけに、悔しさはやはり強い。

 それでも「健康が第一だと思った。無理しないで、今後もあるので」と気持ちを切り替えて終盤戦を見すえる。足元を見れば賞金ランキング49位と苦しい状況。セカンドQTと日程が重複した次週の「マスターズGCレディース」にはエントリーしていなかったため、残された試合数は少ないだけに、まずは浮上のきっかけをつかみたい


(撮影:赤澤亮丈)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/13(木) 17:49

ゴルフ情報ALBA.Net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]