ここから本文です

“冬の女王”広瀬香美、2016年版「ロマンスの神様」を発表 25周年アルバムでは“夏の王様”とのコラボも実現

CDジャーナル 10/13(木) 18:08配信

 デビュー翌年の1993年のシングル「ロマンスの神様」で一躍ブレイク。その後も「ドラマティックに恋して」「幸せをつかみたい」「ゲレンデがとけるほど恋したい」「promise」「ストロボ」など数々のヒット曲を放ち、90年代の音楽シーンを席巻した国内屈指のヴォーカリスト、広瀬香美。現在はシンガー・ソングライタ-や音楽監督としても多彩なプロデュース・ワークをこなす一方、自ら開校した広瀬香美音楽学校の校長として歌唱・作曲・作詞の指導に携わり、2015年には広瀬香美合唱団を設立するなど精力的な活動を行なっています。これまで特に冬の季節にふさわしい名曲を生んで“冬の女王”とも呼ばれる彼女が、デビュー25周年という記念すべき年に代表曲「ロマンスの神様」を新たなアレンジで再レコーディングした「ロマンスの神様 2016」を含むシングル「ロマンスの神様」 の配信を10月12日よりスタート。

 元来、天空に突き抜けるようなパワフルなハイトーン・ヴォイスで知られる彼女ですが、今回配信される「ロマンスの神様 2016」はオリジナルより半音キーを上げて再レコーディングしたというヴォーカルが話題。オリジナル楽曲同様、小西貴雄がアレンジャーを務めています。そのほか、配信シングルには「ロマンスの神様-16' Remastering」をはじめ、「ロマンスの神様」の主人公のその後をイメージして作られた「出会いの奇跡を大切に」や「ロマンスの神様」の様々なヴァージョンを加えた全7曲を収録。

 また、11月2日(水)にデビュー25周年を記念したアルバム『25thプレイリスト』のリリースも決定。同作には映画「病は気から 病院へ行こう2」主題歌となった1stシングル「愛があれば大丈夫」の新アレンジ・ヴァージョン「愛があれば大丈夫 2016」のほか、「ロマンスの神様」以降アルペンCMソングとして冬を彩ってきた代表曲の数々の新アレンジ・ヴァージョンなどを収録。なかでも注目は、夏を代表するバンド、TUBEがアレンジに初参加した「ゲレンデがとけるほど恋したい 2016」。2015年のTUBEのアルバム『Your TUBE + My TUBE』に「おかげサマー」で楽曲提供をして以来、ライヴに飛び入り参加するなど交流が続いているTUBEにアレンジを依頼したこの楽曲は、広瀬のハイトーンとTUBEの夏らしいリズムとコーラスが共存する“冬の女王”と“夏の王様”による夢のコラボレーションとなっています。

 さらには、「ALPEN MEDLEY90's」と題したアルペンCMヒット曲メドレーとそのカラオケ・ヴァージョンに加え、楽しい冬の世界観が展開する洋楽テイストあふれる「青い冬ハジマレ」や、広瀬の憧れのデヴィッド・フォスターを彷彿とさせる美しいミディアム・バラード「A Song For Two」、ファン200人とともに広瀬香美指揮の元でコーラスをダビングした元気が出る曲「最高のエンディングを共に」の新曲3曲を収録。初回盤には25周年を祝し、22曲分のミュージックビデオと3曲のライヴ映像の全25曲入りDVDが付属する豪華な内容となっています。

 なお、「最高のエンディングを共に」は11月3日よりスタートする冬のコンサート〈香美別邸 2016 Vol.9 ~ピアノ弾き語りライブ~〉にてコラボレーションする広瀬香美合唱団の課題曲として、合唱団とともに各会場で披露される予定。

最終更新:10/13(木) 18:08

CDジャーナル