ここから本文です

大ギャラリー前に「全力出せた」 松山英樹は15位の滑り出し

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 10/13(木) 18:48配信

◇国内男子メジャー第3戦◇日本オープンゴルフ選手権競技 初日(13日)◇狭山ゴルフ・クラブ(埼玉)◇7208yd(パー70)

最新画像続々アップ!「日本オープン」大会フォトギャラリー

日本人最上位の世界ランク18位。米PGAツアー2勝を誇る“世界の松山英樹”を一目見ようと、会場には1万838人の大ギャラリーが訪れた。「びっくりした。ずっと緊張していた」と苦笑いで振り返った松山だったが、ナショナルオープンの難しいセッティングを前に2バーディ、3ボギーの「71」(パー70)。1オーバーとして、首位と5打差の15位で滑り出した。

初日の平均スコアは「74.625」、アンダーパーで回ったのは120人中わずかに7人。石川遼、アダム・スコット(オーストラリア)と同組になったが、この3人の中でバーディを奪ったのは松山だけ。「全然良くはないけど、ショートゲームで踏ん張れた」と胸を張った。

この日、初めてのバーディは9番(パー5)。フェアウェイからの第2打を3Wでグリーン奧のラフまで運ぶと、アプローチを2.5mに寄せてバーディとした。341ydの13番(パー4)では、1Wでグリーン手前のバンカーに入れて、寄せワンで2個目とした。

フェアウェイキープは4/14回(28.6%)で、1パットのパーは実に5回。ピンチをしのぎ、数少ないチャンスを確実にものにした。だが「良いプレーができなくて申し訳ない気持ちがある」と松山は悔しがった。「良いパーセーブができて、スコア的に大崩れしなかったのは良かったと思う。見ている人はどう思うか分からないけれど…(苦笑)」。見ていた人もきっと感じていたはずだ。ティショットを打つたびにギャラリーの感嘆を誘い、フェアウェイを歩くだけで多くの声援を浴び続けた。

「(米国では)初日、2日目は組み合わせが本当に良いところに入らない限り、ここまでお客さんがつくことはない。そういう意味では良い経験になった。最近は飛んでいなかったけど、今日は飛距離が出ていたし」と、笑顔も見せた。初日の大役を終えて、少しは肩の荷も軽くなったことだろう。

「今日は本当に全力を出せたと思うし、明日からはもっともっと良いスコアで回りたい。それに向けて、また1打も無駄にしないようにしたい」と、見据えるのは日曜日だ。あと3日、この男のプレーを存分に楽しめるはずだ。(埼玉県入間市/今岡涼太)

最終更新:10/13(木) 20:41

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。