ここから本文です

糸奇はな、初の全国流通作「体内時計」をリリース

CDジャーナル 10/13(木) 18:08配信

糸奇はな、初の全国流通作「体内時計」をリリース

糸奇はな、初の全国流通作「体内時計」をリリース

 作詞、作曲 / トラックメイク、オーケストラ・アレンジ、演奏、アートワークまで、作品作りの全てを単身でこなすシンガーソングライター“糸奇はな(いときはな)”が、初の全国流通作「体内時計」をリリース。11月10日(木)よりタワーレコード限定での販売が決定しています。

 楽曲をイメージした版画を1枚1枚手刷りをした紙で梱包し、ナンバリング入りの架空チケットも封入された手作りCDを、アーティスト名にちなんで110枚のみ通販限定で今年8月にリリースし、即完売となった糸奇はな。全国流通作は、同作をリマスタリングし、“レプリカ盤”として装いも新たに発売されるもの。

 糸奇はなは、京都市立芸術大学声楽科を卒業後に本格的な音楽活動をスタート。造詣の深いゴシック時代のクラシカルにフェイバリットとして挙げるキング・クリムゾンやスージー&ザ・バンシーズ、さらにはゲーム音楽 / チップ・チューンやビート・ミュージックを取り入れ、内省的なリリックを多重録音のヴォーカルで綴る楽曲群で注目を浴びています。

最終更新:10/13(木) 18:08

CDジャーナル

なぜ今? 首相主導の働き方改革