ここから本文です

【K-1】戸邊隆馬、瞑想で初戦突破へ「全力をぶつける」

イーファイト 10/14(金) 0:00配信

 11月3日(木・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館にて開催される『K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN~初代フェザー級王座決定トーナメント~』に出場する戸邊隆馬(とべ・りゅうま/K-1ジム・シルバーウルフ)が、10月13日(木)都内の所属ジムにて公開練習を行った。

【フォト】威力のあるミドルを叩き込む戸邊

 トーナメント1回戦で無敗の新星エリアス・マムーディ(フランス)と対戦する戸邊。”瞬速の貴公子”の異名を持つ激闘系ファイターとしてKrushを主戦場に活躍。これまでに27戦16勝(6KO)11敗の戦績を収めているが、ここ最近は2連敗中という状況。今回は再起を懸けたトーナメントとなる。

 この日の公開練習では2分1Rのミット打ちを披露。「体を上手く使えるようになっているのを実感しています」との手応え通り、威力とスピードのある打撃を打ち込み、仕上がりの良さをうかがわせた。

「前回の試合から10カ月ほど空きましたが、しっかりと調整出来ています」と戸邊。これまで戦ってきたスーパー・バンタム級(-55kg)より1階級上のフェザー級(-57.5㎏)での試合となるが、「これまでは減量メインの練習が多くなっていたので、今はコンディションがすごく良いです」と減量苦からも解放されたようだ。

 そんな戸邊は今回のトーナメントに向けて、フィジカル、ファンクショナル(運動機能)、メンタルの3本柱でトレーニングに励んできたという。特にメンタル面では世界的な瞑想家の指導の下、「自分の心と体をつなげる」瞑想トレーニングを実践。「冷静さを保てていないというような、自分の微細な心の変化に気づいて対処する力が養えた」と成果を口にする。

 初戦の相手マムーディはプロデビューから15戦15勝(10KO)と無敗を誇る18歳のファイター。長身から打ち下ろす右ストレートと強烈なミドルキックを武器としている。強敵を迎え撃つ戸邊だが、「身長もリーチも勢いもある選手だと思いますが、しっかり対策出来ています」と攻略に自信をのぞかせた。

 試合に向けて、「トーナメントだからといって、1回戦、準決勝、決勝と分けて考えてはいないです。自分はとにかく1回戦で全力をぶつけるだけです。今やっている練習をそのままぶつけていきたいです」と静かに闘志を燃やした。

最終更新:10/14(金) 0:00

イーファイト