ここから本文です

都内で起きた大規模停電、東京電力は「送電ケーブルの火災が原因」と推測

スマートジャパン 10/13(木) 9:10配信

 東京電力ホールディングスは2016年10月12日に臨時記者会見を開き、同日に東京都内で発生した停電について謝罪するとともに、原因について説明した。詳しい原因については今後の調査で確認するとしているが、埼玉県新座市にある地中送電ケーブルからの出火が原因ではないかと推定した。

 停電は同日の15時30分頃に発生。東京都新宿区、豊島区、板橋区、練馬区、中野区、北区、文京区など広範囲で最大約37万世帯、延べ58万世帯が停電した。停電は16時25分時点で復旧した。政府施設や住宅の他、交通機関にも影響が出た。

 東京電力が停電の原因と見ているのが、埼玉県新座市にある洞道(とうどう)と呼ぶ送電線などのメンテナンスを行う地下施設で発生した火災である。この火災の原因は送電ケーブルの漏電(厳密には地絡)によるものではないかと推定している。地下約6.2メートルの地中に埋められたケーブルである。東京電力によれば、午後14時49分に新座変電所に設置してある機器が漏電を検知。その直後に洞道で火災が発生している。

 送電ケーブルが漏電し、火災を招いた原因については以下のように推定している。「何らかの理由で送電ケーブルの導体(電流が流れる部分)を取り囲む絶縁層にヒビのようなものが入り、漏電が発生。大きな電流が漏れ出すことで送電ケーブルの外皮部分に穴があき、漏電により瞬間的に発生したアークによって火災が起こったのではないか」(東京電力)

○目視点検は行っていたが......

 この火災で送電ケーブが断線したことにより、新座変電所への送電はストップ。さらに同発電所とつながる豊島変電所と練馬変電所への送電も止まった。これにより大規模な停電が発生したとしている。なお、これらの変電所には他の変電所から送電を行い、10分後には復旧した。

 なお、火災の原因がこうした送電ケーブルの絶縁体の破損によるものかどうかは現時点では推定であることを協調した。火災は18時30分に鎮圧したものの、すぐに現場には入れない状態であるため、今後詳細を調査するとしている。

 東京電力によれば、同社管内でこうした送電ケーブルの絶縁体の破損を原因とする火災は、2005年に1件確認しているという。今回火災が起きた洞道は35年前に建設されたもので、送電ケーブルは年に1度のペースで点検作業を行っている。2016年は6月に目視検査を行ったが、その際に異常は確認できなかったとしている。

 なお、この洞道は約1.8メートルのフェンスで囲まれており、施錠されている。会見の時点では第三者の侵入などはなかったとしており、こうした火災発生当時の状況も含め、今後原因究明を行い、それを受け対策を講じるとした。

最終更新:10/13(木) 9:10

スマートジャパン