ここから本文です

プロレスラー日高郁人の20周年特別記念興行〈日高祭20〉開催 “2,000万円席”を販売

CDジャーナル 10/13(木) 18:08配信

プロレスラー日高郁人の20周年特別記念興行〈日高祭20〉開催 “2,000万円席”を販売

プロレスラー日高郁人の20周年特別記念興行〈日高祭20〉開催 “2000万円席”を販売

 プロレスラーの日高郁人(プロレスリングZERO1所属)が、2017年3月15日(水)に東京・江東区にある豊洲PITで、デビュー20周年特別記念興行〈日高祭20〉を開催することを発表。本興行では日高が“20人掛けマッチ”に挑むほか、多彩なイベントやグッズを用意。東京・町田市の土地付き一戸建て住宅もしくは埼玉・東武動物公園駅近くの3LDKマンションが特典となる2,000万円席(限定ペア1組2席)を販売することも明かされています。

 10月6日には神奈川・横浜 トータルシアターで会見が行なわれ、興行の発起人である澤 宗紀(元バトラーツ)をはじめ、日高と親交のある電撃ネットワークの南部虎弾、パンクラスの伊藤崇文らが出席。日高は「ゴールと言ったらおかしいけど、よくここまでやったかな」と20周年を迎える心境を語りました。

 特別ゲストとして会見に登場した南部は、「3・15、これはサイコーなのか最後なのか。どうなるのか。電撃も参戦できるのか」「今回は、できるだけリングには上がらないところで参戦したい」とコメント。自身の看板芸のひとつである禅パワー“缶ビールを額にくっつける芸”で日高に祝福のビールを注ぎ、会場を盛り上げました。

 おそらくプロレス史上最高額となる2,000万円席の特典について日高は「駅から迷わずに行ったら20分」という20周年にちなんだ企画であることを言明。なお、本興行では加えて200万円席(限定ペア1組2席 / 特典: 行き先不明の南国ツアー)、20万円席(限定ペア5組10席 / 特典: 日高の出身地である島根ツアー)なども用意。大会に向けて20周年記念テーマソングを制作するほか、20歳前後の美女サポーター“日高ガールズ”を20名募集し、ラウンドガールなどでPR活動を展開する予定とのこと。

 また日高は、「藤田ミノルとの相方タッグで試合したいと言ったのに、なんで20人と試合になっているの?」と20人掛けマッチに対して発起人の澤にかみつくも、「ご安心ください。ちゃんと藤田ミノルとの試合も用意しています」と応戦。「知ってる? オレ44歳なんだよ。20人掛けは、戦いやすい相手でお願いしますよ!」と懇願する場面も。

 日高曰く「大阪でプロレスラーを目指して練習していたときに出会った。一緒にトレーニングして切磋琢磨した仲」で、日高と同年齢という伊藤崇文は、「よくここまできた。がんばってきたからこそ。なので素直に“おめでとう”と言わせてもらう。当日の試合も誰とあたるかわからないが、勝って日高を喜ばせたい」とコメント。記念興行にあたって同じ釜の飯を食った伊藤の出場を望むが故の団体の枠を越えたオファーであることを明かしました。

 〈日高祭20〉に向けて、「20年はひとつの目標だった。昔はちょっとでも動きが落ちたら引退するべきじゃないかなと思ったときもあったけど、40代半ばにして体力が全く落ちない。これは練習のたまものでしょう。21年目以降もいいコンディションでリングに上がり続けたい」と抱負を語った日高。チケットは10月20日(木)より「e+」(eplus.jp/scapture)で発売予定です。

最終更新:10/13(木) 18:08

CDジャーナル